那須町ゲストハウス「DOORz」に行ってきたよ。

img_1385

こんにちは、たかぎです。

先週末、栃木県那須町のゲストハウス「DOORz」にお邪魔してきました。

どうして数十年に一度と言われる大寒波が到来したこの時期に…

それはですね  DOORzさんのウェブに惹かれまして。

(下記、引用します)

“那須ゲストハウスDOORzは、築50年の古民家をたくさんの仲間と一緒に改装し、2013年の秋、芦野の里にオープンしたちいさなゲストハウス http://www.ghdoorz.com/”

「オーナー、他の宿泊者と共同で食事を作ります。」「お布団のセットはご自身で行ってください。」「10時から16時までは施錠していることがあります。チェックアウト後の荷物預けについては事前にご相談ください。」

おそらく、ホテルに泊まり慣れている人からしたら「え〜」となる宿泊ルールも、

私のようなフラッとどこかに行く身からすると「ピン」と来るんです〜。

用意されすぎた場所ではなく、自分も関わる余地がある、のがゲストハウスの楽しさなのかな〜と。

img_1342

(このフライヤーコーナー、とてもいい)

実際、とてもいい時間を過ごせました。雪だけど、諦めず来て良かった〜!

実は私もコミュニテイスペースなるものをやろうとしていて…

ただ、「おもてなし」みたいなやり方は、正直得意ではなくて。

お客さんがいるから、自分のことは何もできない、っていうと続けられないタイプ。

だから自分らしい場所作りや、運営ポリシーをどう作ったらいいかな〜と思ってたんです。

そこんとこ、DOORzさんは自分たちに合わせてシステムを変えているように見えたので、その考え方や体験談を聞かせてもらいました。

img_1339

・あんまり色々な場所を見なくていい!

「これは…!」と思った場所はいいんだけど。あとは、オープンした後に少しずつ変化させていったそう。そうか、色々な場所を見に行くより、自分の場所をどう活かすかに集中できるタイミングに来ているかも。

・変化させながら、長くこの場所を続けていきたい。

新しい人が地域に来ることで、新しい風が入ってくる。その入り口になれたら…と。

控えめな言葉だけど、ここにいる覚悟が伝わってきました。

他にも、「オープンする前はそのことで一杯になるけど、その先の計画も必要だったりする」

「結局は人が人を呼んできてくれるんだよね〜」(県庁の腕利き?とお知り合い)

「1人で場所を作るのは大変だよ〜一緒にやってくれる人はいた方がいい!」

などなど、具体的な話がいっぱいできて私としては

大寒波の中きた甲斐があった!

170114_doorz

そして、地味に嬉しかったのは、最近地元の栃木が面白くなってきていること。

それは、こういうたDOORzさんみたいに面白くて魅力的な人がいるからなんだな〜!と。

本当、お子さんもいて、地域のために、自分たちらしく経営しているって、存在が心強いです。

また行きたいな〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です