福島県民の、もちへの情熱。

0125_1

みなさん、もちって好きですか。

「お正月に食べるくらいだよ」という人がほとんどだと思います。

しかし日本の中では、驚くほどもち消費に貢献している県があります。

無論、我らが福島県です。

彼らは、一般人では到底理解し尽くせない、

もちへの情熱というものをおもちです(うまい)。

 

 祝い事、お客さんが来た日 = 嬉しいこと ≒ もちつきの日

0125_2

もち自体の種類も豊富です。プレーン(おされな言い方したけど白いやつ)、

青豆入り、黒まめ入り、きび入り、草餅、と実にバラエティーが豊富。

 

もともと、日本人にとってお餅ってお正月に家族でついて食べるイメージですが、コチラの方々はもっと日常的にもちを食します。そして、そのためにもちつきします。

・この土地の伝統料理といったら?→もちでしょ

・ツアー客が来るぞ!→もちつく

・婚活イベントやるぞ!→もちつく(?)

と、言ったように大事なイベントです。もちつきは。

omochi2

 

ご飯がなければ、もちを食べればいいじゃない?

大阪の人が、主食を粉物にするように、福島の人はもちを主食にします。その工夫やアイディアのバラエティーが、ハンパないのです。ピザトーストとか作る。もちで。しかもめちゃうま!何なら、お好み焼きだって作れるよ?

つまみ+プレーンもち というのは、オーソドックスな食事メニューらしいです。

 

もちろん王道の食べ方もおいしい。

黄粉もち(しかも原料から手作り)、あんこもち、納豆もち、大根おろしもち、

じゅうねんもち(栄養価の高いごまみたいなものです)

0125_3

特に手作りのあんこ、黄粉は、それだけで劇的に美味しい!

 

omochi1

(近所の方によるこちら、ベストオブあんこでした!)

 

進化するもちビジネス

例えば私の友人は、農産物の加工品を販売していますが、「冬場のメインの収入の1つがもち」と語っていました。きぼうのたねカンパニー

これをストーブでじっくり焼くのが、本当に美味しいんですよ〜。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-24-18-05-38

 

なぜそれほどもちが売れるのか?

田舎は高齢化スピードが半端ないので、もちつきって大きな負担なんですよね。餅つき機もありますが、もちごめ炊いて、機械準備して、ネバネバになった器具を片付ける…

もちは好きだけど、面倒くさい。

だったら買いたい、となるわけです。

実際、この間マルシェに出店したのですが、もちって売れるんですよ。

冬はもちろん、夏場だって食しますよ。みんな大好きだから、もち。

マルシェでもち… 新しい。

 

もちをなめたらいかんのですね。

ねばり勝ち、もちがいい、気持ちいい〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です