話を「聴ける」と人生が豊かになる|ミーティングファシリテーション研修【レポート】

こんばんは。たかぎです。

「ミーティングファシリテーション研修」@南三陸に行ってきました。(電車で。5時間かけて…)

その時の様子をまとめます!

今回のテーマ「人の話を聞く」は、他人と仕事している人なら誰しも使えるスキルですよ〜。

ファシリテーション=良い方向へ導く

右がファシリテーターの青木将幸さん

「ファシリテーション」という言葉は知ってますか?

会議をする機会がある人ならば、おそらく聞いたことありますよね。

ファシリテーション(英: Facilitation)は、会議やミーティングにおける進行役。

議題を整理し、参加者の参加や意見を促したり、合意形成や相互理解を促すもの、とあります。

そして、今回の講師・青木将幸さん(マーキー)は、実はお友だちです。

前職でと〜〜ってもお世話になりました。10年くらいの付き合い。

マーキーがよく言ってたのは

「ファシリテーターのfacilitateは、”良い方向へ導く”という意味なんだよ」

その言葉がずっと頭に残ってて。最近ちょっと「人の話をじっくり聴けてないかも」と思っていて、初心に戻るつもりで講座に申し込みました。

きもちいい会議をつくる4ステップ

まずは、参加者に丁寧に 「共有」すること

会議はスムーズに進むと、気分がいいですよね。

きもちのいい会議をつくるには、4つのステップがあります。

1 丁寧に 「共有」する

「丁寧に共有する」とは、会議の入り口を整備することです。

「事前8割、当日2割」と言いますが、会議の準備も同じ。

  • 何時から、どこで会議するのか?
  • 目的はなにか?
  • 今日はどこまで決めたいのか?

そう!目的が分からない会議が多い!」と、共感者が続出。

正直、私もめっちゃ共感。福島に移住してからなぞな会議が多くて…….。

「これって、なんのための会議?」「全っ然、決める気配がない」

でも…質問しにくい雰囲気もあって。(地元の有力者が集まってたりすると特に)

でも!会議の目的は、先に参加者に共有しましょうね。

2 思うままに「拡散」する

特にアイディアを出す会議では、「拡散」を意識しましょう。ふろしきをバーっ広げるイメージです。この時間は楽しいですね。

3 「混沌」を、味わう

「混沌」は意見がたくさん出た状態。これを味わえるまでに至れば、上級者ですね。

4 「実行」を見すえて

ふろしきを広げたら、最後はとじていきます。

じゃあ明日からどうする?」と、現実的に実行することを見すえて進行します。

理想の会議って、なんだろう?

今日の会は、参加者の関心に合わせて進みました。

みんなが考える「理想の会議とは?」逆に「こんな会議はしたくない!」の2つをあげてみましたよ。

こんな会議がしたい!

ここで、自分が考える「理想の会議」をブレストしてみました。

ちょっと紹介しますね。

  • 意見を出しやすい雰囲気 ⇦ 一同「わかる〜!」
  • ポジティブな進歩が見られる
  • 解決策が出る ⇦ 一同「そうなんだよ〜切実」
  • 温度、椅子の固さがちょうど良い ⇦地味に大切w

こんな会議はいやだ〜!

反対に「こんな会議はいやだ!」というテーマになったとん、出るわ出るわ。

  • ずっと一人が話してる ⇦ ほかの人も意見も聞きたいのに止められない
  • 意見を受け入れない
  • 反対される会議 ⇦ つ、つらい…
  • 炎上王(!)がいると話がまとまらない ⇦「うちにもいる」という人も

これは最初のワークでしたが、この時点で「同士がいた!」と思えました。

同じ体験してる人とは意見が合うから。

人の話を3分聞くトレーニング

「相手の話をすべて暗記するつもりで」
話を聞くワークもやった。

と中、ちょっと深刻そうな質問が出ました。

参加者

「意見の対立している人がいて、どうやって折り合いをつけたらいい?」

マーキー(青木さん)

「それでも意見が重なる部分が、絶対にあるよ。もしくは、接点を作ろう」

ふーむ。接点がないように見えるのは、聞き方が浅いのかもしれない。

重なる部分(意見))を見つけるためには、とにかく相手の話を聞くこと。

じゃあトレーニングしてみよう!と、人の話を3分聞くワークをやりました。

3分でも相手のことが分かる

ちなみにルールはこんな感じ↓

  • 相手の話を妨げない
  • 質問、意見はしない
  • あいづちはOK
  • 「暗記する」くらいの気合で、聞く

3分って、めっっっっっちゃ長い。

ペアになった女性はお話が上手な方だったけど、3分も聞けば十分でした。

「もう私、この人の人生を語れるよ?」ってくらい、十分な時間でした。

めっちゃ集中して話を聞けば、相手の人生や、生活の様子すら想像できるんすよ。

なんていうか、とっても気持ちい体験でした。

「深く」聞けると、きもちいい

南三陸は、2011年の震災で
 津波の被害がありました。

「一所懸命になって聞くと、相手も本音を話してくれる」

そんな感覚がありました。

深く聞こう」。そんな学びを得ました。

同時に「最近、人の話を浅く聞いてたかも」と反省しました。

そう、この時期、周りと衝突することが多くて。「協力隊の任期が終わったら、どうするの?」「そんなんじゃ食っていけないよ」と、耳の痛い話が多かった。自分の弱さも認められなくて。正直つらかった。だから、食ってかかる時もあったり。

聞くのが浅いと、反応も浅いものになるのかもしれない。

今の私に足りないのは、深く聞くことかもなあ。

今回の学びは、とってもシンプルでした。でも、とっても難しいな…。

一番つらい時に、見守ってくれた人との再会

「マーキー」は、前職でむちゃくちゃ面倒を見てくれました。

自分が一番つらい時に、見守ってくれた人です。心の友です。

何を隠そう、今回はマーキーに会うことも目的でした。

最近、停滞している自分を鼓舞したくて。きっと進化しているであろう彼のエネルギーにあやかりたくて。結果、

行って良かったー!

「スモールビジネスをやりたい」という話をしたら、とても温かい言葉をかけてくれました。

  • あなたは成長したよ。ずいぶん苦労したなって見て分かる
  • しおりは(前職の人の中でも)数少ない”話を聞ける人”だった
  • 早く、自分の名前でお金をもらう仕事をした方がいい
  • 十分をお金をもらえる絵を描けるよ
  • 自信を持って。俺たちのしてきた経験は、だてじゃないんだ

この時点で泣きそうでした。

そして「俺、そろそろ出家するよ」

と。

前から「お坊さんになりたい」と言ってたけど、改めて聞くとびっくりする。

なんか後光が差しているようにも見えました。

そして、最後にギュッと抱きしめてくれました。

あ また泣きそう……けど周りに人もいるからなあ…..撤収っぽいし..(⇦この辺の気配りは成長した証)

ぎりぎり泣かずに退散しました。

おまけ 南三陸のご飯が最強!

海の幸がずらり

4時間弱のプログラムを終え、朝から移動でもうクタクタ。さっそくお宿へ。

南三陸まなびの里いりやど|宮城県南三陸町の宿泊研修施設

「夕食はその辺で食べよう」

と思ってたら、あんまりなくて…….。

調べ不足の私を見かねて、宿の方が「夕食出せるか食堂に聞きましょうか?」と。

すみませんすみませんお願いします….。

おまけでタコをいただいた。 プリプリ……

ありがとう、南三陸。最高のご飯です。

ありがとう、おタコさん。美味しくいただきましたよ。

そして「いりやど」さん、マジでお世話になりました。

本のご紹介

青木将幸
「市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門」

こちらの本がとても分かりやすくてオススメなのですが……

青木将幸
市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門

なんと売り切れ (2019年4月10日現在)

※再販は「検討中」だそうです。

「本気で会議をなんとかしたい!」と思う人には、役立つヒントがドッサリ詰まっています。長年の実践経験がベースなので、すぐ使えるノウハウが満載です。

イラストがめっちゃ和む〜。
「みんなで作り上げた本」って伝わる。
カバーに、こんな仕掛けが…!

出版形態も本屋を通さず販売しており、そのエピソードが面白いのです。しかし今日はこの辺にしときましょう。

聞くことから すべてが始まるのですね。

よし、明日も人の話聞くぞー。

会議がきもちいい=物事が進んでいるから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です