ブログ始めた理由

こんにちは、たかぎです。移住して早3年が経とうとしています。

「地方生活、楽しい!」

そんなことを伝えたくて、ブログを始めました。

今、自分のテーマが「ローカルライフ」なんです。

今日はどうしてブログを書いてるのか?そんなお話をしていきます。

不便な山に暮らす理由

福島の冬はきびしい
でもこの景色は好きだ。

私は、標高300mのほぼ限界集落みたいな場所に住んでいます。

冬はマイナス16度にもなる世界。

当然、車がなきゃ生きてけないし、人とのつながりも濃い場所です。

自分でも「よくこんなとこ暮らし続けるな〜」と思います。

地元の人にも「どうしてこんな所に移住してきたの?」と聞かれます。

もう100回は聞かれてるでしょう……。

生活スタイルが自分に合っていた

冬は手仕事

「どうしてこんな所に移住してきたの?」

その答えは「この土地の生活が、私には合ってたから」

東京での生活も、地方での生活もどちらも好きです。

  • 東京  出会いのスピード、「決めない」で生きてる人を許してくれる
  • 地方  スピードはゆっくり、「決める」大切さを教えてくれる

おもしろいモノに出会える東京のスピード感も好きだけど、私は地方のゆっくりした暮らしが合ってるみたいです。

地方で暮らすメリット

こんなに香りが高い桃は初めてでした

「食」にしっかりつながれる

地方は食にかけるコスト(お金)は減るのに、質・量共に豊かです。

畑をやる土地はあり余ってるし、おすそ分けだってもらう。

食べ物の心配が減ると、結構心にゆとりが生まれます。

私は東京でけっこうお金がなくて苦労して。明日食べるものがない不安が、移住してほぼなくなりました。

低コストなのはもちろん、「自分で作る」自信が心の健康につながったんです。

世代を超えたコミュニテイー

一緒にお米を作ってるチーム

ふと周りを見渡すと、ほぼ60歳以上の超高齢化。

なんか暗い気持ちになりそうですが、意外におもしろい人もいます。私も米づくりチームをやってますが、20代〜60代の世代を超えたメンバーと一緒にやれるのが楽しいんです。

若者は本当にレアです。(お年寄り10人分くらいの価値ある)

世代を超えてつながれるって、魅力的ですよね。

あれ?そうでもない?

都会でしかおもしろいコミュニティーが作れないわけじゃなくて、過疎っている田舎でも楽しいチームは作れるんです。

自分で仕事を生み出さなきゃいけない

自分に合ってる環境は見つけた。

じゃあ、

  • 快適に生きていける環境をどうやって作り、維持していくか?
  • 地方で暮らすために必要なことって、なに?

その答えは、自分で仕事を作るってことかなと。

幸い?、ここには課題が無限にあります。「これでもか」ってくらい。暗い話は絶えない。

言い換えれば、仕事のタネがある。

仕事をつくる可能性もゼロじゃありません。自由度は高い。

既存の仕事で「やりたい」と思えるものがないなら、自分で仕事を作る責任もあります。でも、生活コストが本当に少ないので死なない程度の生活費を稼げるなら、好きな仕事していいと思うんです。

好きなことして、金を稼ごう。

だらだら書きましたが、

地方生活の魅力や楽しさを描きたい!

そんなことでブログを始めました。

収益化もしていきたいので、淡々と続けていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です