月8万あれば、生きていける。地方の生活コストの低さはゆとりを生む!

こんにちは。たかぎです。

私が地方に移住して良かったと思うこと。それはズバリ生活費の低さです。

もちろん地方ならではの出費(区費やお葬式が多いとか)もありますが、トータルで見れば随分ラクになりました。その分、貯蓄できますしね。

そんなわけで、一体いくらあれば地方生活できるのか、まとめてみました。

月の予算(税金抜き)

支出

家賃 ………………. 15,000円

食費 ………………. 12,000円

交際費 …………… 10,000円

(飲み会、手土産、あとお葬式も多い…)

ガソリン代 ……. 15,000円

通信費 ……………   7,000円

(光回線5,300円+SIM代1,700円)

光熱費 …………… 12,000円

(水道代2,500円+電気代3,500円+ガス代6,000円)

※ 都市ガスはなく、プロパンガス。給湯は灯油です。

日用雑貨 …………  3,000円

傷病保険 (共済) .. 4,000円

エンタメ費 ………. 2,000円

雑費 …………………  3,000円

積立投資 …………. 30,000円

※年金、保険税、市民税県民税等は抜き。

>>> 月の予算   約110,000円

積立投資の30,000円、を差し引くと、月々の予算は約80,000円。

いやーこれが東京に住んでいた時は家賃が6〜7万かかったので、大分削減できました。

1人で生きてくコストが低いのは、大変心が軽くなります。

1年の予算

そして、年間で考えるのも結構大切だなと思います。

こちらは、月の予算×12ヶ月に

「医療費」「ファッション費」「美容代」「帰省費」「自動車関係」「農業資材」の年間予算を加えたものです。

支出

家賃 ………………. 180,000円

食費 ………………. 144,000円

交際費 …………… 120,000円

ガソリン代 ……. 180,000円

通信費 ……………   84,000円

光熱費 …………… 144,000円

日用雑貨 …………  36,000円

傷病保険 (共済) .. 48,000円

エンタメ費 ………. 24,000円

雑費 …………………  36,000円

積立投資 …………. 360,000円

医療費 ……………..  30,000円

ファッション費 .. 80,000円 

美容代 ……………… 30,000円

帰省費 ……………… 30,000円

自動車関係 ………. 68,000円

(2年に1度の車検が120,000円なので、1年間60,000円+軽自動車税7,200円)

農業資材 …………. 10,000円

>>>> 1年の予算   約 1,600,000円

積立投資360,000円を抜くと、約124万ですね。

やっスうううううう。

大切なのは、手元に残るお金。

生活費をガツンと落としながら、貯金を続けた。

お気づきでしょうが、収入は少ないです。

ですが、貯蓄率が高いのです。わたし。

都心で働き、月30万稼ぐ−25万消費する = 手元に残るのは5万円

初任給でも30万以上支払う会社もありますし。こういう人多いはず。でも

地方に就職、月20万稼ぐ−10万の生活費 = 手元に残るのは10万円

この生活パターンなら、毎月10万円貯金できる訳じゃないですか。

わたしはそうしました。

東京から福島に移住した時は、貯金ほぼゼロでしたが、2年で200万くらい貯められましたよ。

都心でガツガツ働いてどんどん消費するのも楽しい。けど、わたしは田舎で自分らしい質素な生活した方が、圧倒的に早く豊かになれました。

当たり前だけど、大切なのは手に残るお金。

そしてコツコツ貯金して溜まったお金を、インデックス投資長期資金運用してます。そうしてお金がお金を生み出せるようにしてきたので、少しずつお金の悩みから解放されてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です