1万でつくる出張「ついで」旅【時間がないけど休みたい時】

今日も移動しながら仕事してます、たかぎです。

私は車でよく出張します。

福島在住で(めちゃ広い)1日で2〜300kmの移動もします。そういう時、

  • こんな遠くまで来たから、旅行気分を味わいたい
  • 半日だけでもリフレッシュしたい…

って思うんですよね。

そういう時は、1泊2日の出張旅行します!

そんな1泊2日の出張「ついで」旅の作り方を予算含めまとめます。

ついで旅の目的

ついで旅の目的は、だいたいこの3つですね。

  • ご当地のおいしいものを食べる
  • 会いたい人に会う
  • 気になる宿に泊まる

あらかじめ、ざっくり目的を決めるのをオススメします。

不慣れな土地では道に迷ったり、地味に時間ロスするので。

ついで旅の組み方

今回泊まったお宿 BANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE

まず宿を抑える

今回は、1日目 喜多方市(山都町)、西会津町  → 2日目 湯川村 というルートでお仕事です。気分的に、「ゆったりした所に泊まりたい」と思い、裏磐梯まで足を伸ばしました。

今は安くていい宿も沢山あるので、Booking.comを使ってリサーチ。

今回泊まったお宿は、「BANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE」

4,000円ちょっとで朝食付きなんて最高。

曽原湖のそばなので、景色も期待できる。

ざっくり予算を決める

「ついで」旅なので、予算は約1万円です。

  • ゲストハウス 4,320円
  • 食事 3,000円
  • お土産など 2,000円

安いな〜w

でも気を緩めると、結局散財するのでね…。

いざ当日!

 1日目

「ひでじい」にインタビュー

喜多方市(山都町)では、インタビューのお仕事でした。

山都町には「ひでじい」というすごいじい様がおり、彼を取材しに行きました。

ひでじいはこの世の森羅万象を語り、いきなり数独とか脳トレのクイズを出題し始める←とにかく異空間だった。楽しいお仕事でした。

…このコンテンツはやばい。
会津ってやっぱ神様いる気がします。

からの、西会津町のプチ探索。

「日光いろは坂」みたいな道を駆け抜けました。

廃校を利用した「国際芸術村」。クリエイターは心をつかまれます。
無料のお茶コーナーもあります。壁画は福島県出身のアーティストの作品。

続いて、喜多方市・山都町の茶房千にて

だしの効いたカレーうどん、おいしい!すごい量。

ここで仕事仲間とはお別れ。

わたしは宿へ向かいます。

今回泊まったお宿 BANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE

2日目

朝ごはんが美味しかったです!

そういえば8月でした。

だから、若者や家族づれが夏休みをエンジョイしてましたね。

バーベキューやキャンプ、カヌーなどなど

やっぱりレクレーションしに来る場所なんだな~。アウトドア色全開。

「いち、にー、アハハハ!!」って、眩しすぎる。

その横で、

私はひたすらブログを書いてます…!

快適なリビング…

裏磐梯まできて何してんだ」って感じですが、

これが私のリラックス方法。

しかもこのゲストハウスのオーナーさんが優しくて

「好きなだけ仕事していってください」

ありがとう!

低予算で、リフレッシュできて、稼ぐことも忘れない!

一石三鳥のついで旅、大成功です。

2 COMMENTS

BANDAI LAKESIDE GUESTHOUSE 金光弦太

高木様、昨夏はお越しいただきありがとうございました!
いまごろ?って感じですが、ブログにのせていただき感謝です。
写真のリンクが切れているようで、ちょっと見たいなと思っている次第です。
またお仕事の合間でも旅としてもお立ち寄りください。
お待ちしています!

返信する
Shiori TAKAGI タカギ シオリ

ご指摘ありがとうございます!
早速直しました〜。
はい、またぜひ立ち寄らせていただきますね( ¨̮ )

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です