史上最強のキャッチボール空間と化した会津のひととき【イベントレポ】

10/21 みんなが主役 占いいどばた会議 in 会津 (民泊隠れ家) 

占い師を会津に招いて開催した今回のワークショップ。実はまさかの満員御礼。6名の方にご参加いただきました。来てくれた皆さん、ありがとう~!

会場は2018年にオープンしたゲストハウス「隠れ家」

勝手にビビっていた「会津」は、驚くほどやさしかった。

正直、ビビっていたわけです「会津」というアウェイでの開催に。根拠はないのですが「多くを語らない人びとが集う地」というイメージ。「沈黙が訪れたらどうしよう」「なけなしの社交性オーラ全開でのりきろう」と勝手に被害妄想していました。

しかしいざ始まってみれば

03

すでにテンパる進行役

まさかの暖かすぎる会話のキャッチボールの数々!!!

繰り返される質疑応答(主催者的にはこれが一番うれしい)、生まれる微笑み、晩秋の少し肌寒い会津の空気がちょっと上がったような安心感。気づいたら高木も、講師の森まみさんも、その優しさに包まれていた。

4回目の開催を迎えた今回、「ワイワイ話せるいどばた会議のような占い」というコンセプトに近づいた時間だったなと思います。おそるべし会津!そしてありがとう会津!!!

 まずは、自分の性質を知ろう(初級編)

今回のテーマは「自分の活かし方ワークショップ」。

まずは自分の性質、強み、大まかなキャラクターを「ざっくり知る」のがポイント。初めて占いに触れる人向けの、初級編です。

まず冒頭に、みなさんが知りたいことを聞かせてもらいました。

IMG_6624.jpg

  • やりたいことの方向性が(自分の性質と)合っているのか?
  • やりたいことがとにかくいっぱい!どう組み合わせたらいい?
  • 自分の時間がなかなか持てない
  • 今の仕事、このまま続けていいのかな
  • 今回の会場「隠れ家」が気になったので、見に来たよー(もちろん歓迎)

これらの質問に、占い師・森まみさんが応えていきました。

今回は東洋の占いの知識を活かし、生年月日から導き出される10のタイプを紹介。自分がどのタイプに当てはまるのか?を共有しました。

(ついでに家族や恋人、職場の同僚など周りの人はどのタイプか?も調べてお伝え〜。関係者を知るって大切…)

「あ~自分ってそうかも!」と納得したり、「これってどういう意味?」と質問して、確認ししながら進行。すると、おのずと最初の質問の回答になっていきました。

気になる感想は、いかに

今回は、伝えたいテーマをシンプルにして進めました。2時間のワークショップ、果たして感想は!??

1

少人数であるって、大事ですよね。質問や会話の密度が変わるもの〜。

あと占いの知識を身近な自然を例に例えるっていうのも、意識して作り込んだポイント!伝わったようで嬉しいです。

2

手違いで1名の生年月日に間違いが…。その場で調べ直しましたが、猛省。

円卓… は、会場の隠れ家さんに作っていただきましょうか…。

3

良かった、思ったより前向きだ!!!

少人数の場なので、一人ひとりの意見がすごく参考になります。これから、穴があくほど見返すことでしょう…。

IMG_6625

当日のきったないメモ。「自信に繋がった」というのは嬉しい!

そして「あったらいいなと思う占いイベント」を聞いてみたところ

4.png

やっぱりニーズは二手に分かれるのかな、と。

    • ひたすら自分を掘り下げて知りたい人(運勢含めて)
  • 占いの手法を学び、自分で鑑定できるくらいになりたい人

うーん、ですよねえ〜!!!

それぞれのテーマを説明にするには2~3時間はほしいし、その中でさらに要望が細分化されるので。でも、これって嬉しい悩みというか。開催する場所、そこに住む人のニーズに合わせてかたち作っていくのが一番なのかなと思います。

IMG_6632

祝・初のメンズ参加!
女性参加が多めだろうと想像できるこの場に申し込む勇気プライセレス。写真は個別にお話している様子です。

 ゲストハウスがあったからこそ、地元の人が来てくれた。

私が声を上げて言いたいことは、会場を提供してくれた「隠れ家」に、ひたすらありがとう!ということです。

だって、いくらゲストハウスという公共の場を運営していても、いきなり「占いイベントやりたいから場所貸してや」という要望って。少し戸惑うのではないですかね。「まずお前は誰?」って思うし。

その上、土地勘がないものだから「どんな企画なら地元の人が参加したいですかね?」という相談までさせてもらいました。もうアイディアベースからのお付き合い。開催間際には、「個別鑑定もやりたいから2空間欲しい」とか会場の使い方にしちめんどくさい要望を出したり。でも、そのどの希望にも、嫌な顔一つせず「いいですよー!!」と協力してくれました。

IMG_6172

2018年6月にオープンしたばかりだけど、すでに沢山の人が出入りしてる。

特に感謝してるのは、イベントの告知をSNSで拡散してくれたこと。そのおかげで、申込者のほとんどは隠れ家のSNSを通して知ってくれたそうです。チラシの配架にもご協力いただきました。

イベント告知までしてくれる(しかも親切で効果を上げている)ゲストハウスって、あんまりなくないですか?

「地元の人が集まれる場所にしたい」というこの場所での開催だったからこそ、不思議なイベントだけど「行ってみようかな」につながったのではないかな、と。

この場所がなければ、今回のイベントは間違いなく開催できませんでした。ありがとう、隠れ家。皆さんも会津若松でやってみたいことがあれば隠れ家に相談してみてはどうですかね。きっと力を貸してくれると思います。

こちらも参考にどうぞ。

空き家をリノベしたゲストハウス 「隠れ家」に泊まってみた in 会津若松

せっかくだからお城を散策。夜の会津はとても美しかった。

例のごとく、開催後は疲れきって(笑)放心状態になるのですが…

せっかく若松まで来たことだし、2人で鶴ヶ城を散策しに行きました。来年は、蔵とか家とかテーマになるだそうです。それなら会津はドンピシャですね。

いつもイベント開催後は、講師の森まみさんと「あれができなかった…」「これもできなかった…」と大反省大会になりがちです。

しかし今回は「質問がいっぱい出て嬉しかったね〜」「みんなパワフルな人たちだったね」と和やかな反省会。

知らない場所で、初対面の人たちが満足できる場を作れるのか。不安もあったけど、気づけば「いどばた会議のように占いがしたい」というコンセプトに一歩近づけた日でした。

IMG_6682

美味しすぎて猫もびっくりの「会津の雪」

「やりたい場所とテーマが決まったら、開催」というわがままなスタイルのイベントですが、また開催できるといいなと思います!ありがとう会津!

ちなみに、今回参加されたみなさんは、個別のメール鑑定も受け付けてますよ!!詳しくは、当日お配りした資料にありますが、森萌まみさんのWEBサイトもチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です