【停滞期をふっとばせ①】田舎から海外へ行くには、いくら必要?格安旅を自分でつくる。

11月に南米はペルーへ行ってきたたかぎです。

で、海外旅行の予算っていくら準備します?

夏頃から「ペルーいくで」と周囲に豪語したところ、「優雅だね」「お金あったんだね」(←オイ) とのコメントが集結。

いや、実はそこまで高くないの!

何せ、私は2週間の旅を、現地の食事やお土産も含め30万でカバーしたぞ。低予算で楽しむ方法を伝授します。

ペルーに30万で行けた

大手旅行代理店のツアーパッケージを見ると、「ブラジル7日間の旅、50万」とかザラにある。リオのカーニバルの時なんて、100万円なんてツアーも…。

たっっけえ。100万なんてムリ。

なので、たかぎは30万で行ってきたよ!

実績公開

南米特有のコスト

南半球のペルー、日本から見れば地球の裏側。

地球の裏側ということは、日本にない病気やら何やらがある。だから予防接種は受けときましょう!私は黄熱、破傷風、A型肝炎の3本をブスッと打った。(1ヶ月以上滞在する時は、もうちょい打つかも。)

そしてアメリカ経由なので、ESTAも事前に申請。これは3日前くらいでもOK。費用は3000円くらいです。最近は丁寧な解説サイトもあるので、難しくないですよ。

電子渡航認証システムとは、ビザ免除プログラム参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カードをアメリカ合衆国への渡航前に、インターネットのウェブサイトで電子申請することを義務付けるものである。

wikipedia

物価が激安

注目は、現地費用が3万もかかっていないこと。ペルーの通貨は「ソレス」。私が行った時は1ソレスが35〜36円くらい。つまり現地では、お金がかからない!
500円もあれば、お腹いっぱい食べられる国です。ペルー最高。

  • ちょっといいホテル(ビジネスホテル並) 120ソレス →4320円
  • ちょっといいレストラン(前菜、メイン、飲み物) 50ソレス →1800円
  • 地元民が通う食堂 10ソレス →360円
  • タクシー代 (30分くらいの距離、交渉次第) 20ソレス →720円
  • 乗合タクシー(2時間くらいの距離) 8〜10ソレス →288〜360円
  • ペットボトル 2ソレス →72円

や…っすい!!! 

どうですか?もう一気にペルー行きたくなるでしょ。

※実はこの他の費用として、愛猫をペットホテルにお願いしたので、2万円ほど発生。だからトータル32万くらいです。愛猫を守れるなら安い。

低予算の格安旅行をつくる3つのコツ

格安航空券をゲットする

ポイントは、旅行する時期のチョイスだと思います。

日本人が休暇を取る時期や、国や文化によって値段は変動します。特にこんな時期は、いわゆるハイシーズン。だから航空券も値上がりやすい…。

  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み・お盆休み
  • クリスマス
  • 年末年始(旧正月)

ハイシーズンを避けることで格安の航空チケットが購入しやすくなります。

例えばペルーの場合、11月〜3月頃の雨季と4月〜10月頃の乾季で言えば、雨が少なく晴天が続く乾季の方が、みんな行きたい。だから混む。なので私は雨季の11月に出発。確かに雨が降ったり、マチュピチュが霧にかかったりしたけど、私は霧が大好きなので。かえって楽しめた!

▼たかぎはスカイスキャナーから、3ヶ月前に予約しました。

▼旅行代理店から買うのも有り

大手航空会社が運営するオンライン代理店のSurprice。ポイントは最低価格保証をしてこと。

日本発海外航空券で、同一内容の商品が他社サイトよりもお支払いいただいた金額が高かった場合、24時間以内にご連絡ください。差額をご返金いたします。

surprice

コスパの良い宿を見つける

オンラインの宿泊予約サイト

旅行費用でけっこうな割合を占める、宿代。

国にもよるけど1泊で1万円を越える場所もザラにあります。それじゃ格安旅行したい人にとってはイタイ…

だから多少の割引がある、オンラインの宿泊予約サイトがオススメ。詳しいカスタマーレビューも載っているから、自分で良い宿も見つけやすい!

ユースホステル、AirB&B

とにかく安くしたい!と、いう時はユースホステルやAirB&Bも活用しましょう。基本的にはドミトリーと呼ばれる相部屋で、夕食はなし、自分で布団を敷く、というDIY方式。だから安いんですね。学生や若者に限らず、長期旅行の大人たちも活用してます。

参考サイト 「初めてでも安心!海外旅がぐっと広がるユースホステルの予約、宿泊方法」

クレカを使って、現地ATMでキャッシング

銀行や成田空港で両替もできますが、ちょっと割高なんです。両替の手数料とかかかるので。

だからクレジットカードを使って現地で現金を引き出すと、多少の両替費用を抑えられます。

とは言え。世界はキャッシュレス化です。水一本買うのも、スーパーも基本的にはクレジットカード。カード2枚、日本円3万円分持っていけば、十分!(現金は余った)

情報があれば、格安旅行は実現できる。

今って、とても海外旅行がしやすい時代。肝は、事前の情報収集。「えー調べるのめんど臭い…」って思うけど、自分で調べたことは確実にストックされて行きます!

今は工夫次第で、格安旅行ができる。

世界の果てのような田舎からだって、地球の裏側にだって行ける。だから海外旅行をもっと楽しもう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です