とちぎ快適!おすすめノマドカフェ・ワークスペース【栃木市 足利市】Wi-Fi電源あり

とちぎを拠点にしてします。たかぎです。

最近、ふと気づきました。「あ、ふつうにノマドワークしとるな」と。

何せ快適なんですよ!

閑散期に、ちょっとチャレンジ生活

前提として、わたし1月は忙しくありません。

春夏=繁忙期、秋=それなり、冬=のんびり。元々、そんな1年のサイクルです。

だから、以前から冬はムリに働くこともないよな〜と思ってまして。

で、2019年の目標は「多拠点生活の実現」。そして余裕のある今、ちょっとチャレンジしたい!

住所は福島ですが、栃木に興味があるので今は栃木を拠点にノマドライフを送ってます。

おすすめノマドワークスペースを紹介

いかんせんwifiない=仕事できない…のが現実です。

まずはシェアオフィスやコワーキングスペースへ行ってます。仕事しがてら、とちぎを散策してます。ので、おすすめノマドワークできる場所を紹介します!

栃木市:ゲストハウス蔵の街

ゲストハウス蔵の街

ここは、本当に快適!もはやホステル。

栃木市は蔵の街として有名。県庁所在地のある宇都宮市から、1時間もかからず行けますよ。(車で)
これだけ朝食がボリューミーで、1泊3890円はコスパ良い。
朝はスタッフおらず。この「ご自由にどうぞ感」が最高に好きです。
おすすめポイント
  • まずスタッフの女性がめっちゃ明るい。めっちゃ親切
  • 寝室やシャワールーム、お手洗いなど設備が整っている
  • ドミトリーだけど個室感があって落ち着く(←仕事が捗る!)
  • 歯ブラシ、耳栓、タオル枕元のライトなどサービスが行き届いている
  • 朝ごはんが豊富(←ここ重要)
  • 駐車場もある(←車社会では重要)
近くの食堂が安くてボリューミーでした。

大通りにも近く、蔵の景色も見れるので、立地が良いですね。徒歩圏内で色々お店もあって便利でした。

すごい些細なことですが、JINS栃木倭町店があったので、メガネのメンテナンスしてもらってルンルンでしたw

「プチ合宿」的にゲストハウスに泊まり込んでじっくり仕事するのは超オススメです。異次元の集中力が得られます。

足利市:マチノテ

次の日は、チェックアウトぎりぎりまでゲストハウスで作業。そこから、栃木市→足利市まで移動。今度は民間の団体がやってるコミュニティースペースへ!

マチノテ

可愛い!おしゃれ

運営元がNPOというのも面白い。市の委託を受けて運営しているそう。

「コミュニケーションラボ」https://www.com-labo.com/

ちょっと遠いけど、ドライブがてら行ってみました。

マジ駅近。学生の利用も歓迎のようです
美味しかったシフォンケーキ

1Fのカフェは広くて、おしゃれで、開放的。静かで仕事捗りました。

もちろん電源も使えるし(「延長コード使います?」ってお姉さんが聞いてくれた(涙))、机も広いし、本棚に揃ってる書籍も「今」っぽい。

何より「ああ、わたしみたいな人も使っていい所だな」って思えました。

これって地味に重要で。

チェーン店のカフェとかって「お茶するのが目的」な部分もあるので、PC開いてガシガシやるのが憚れる時もあるんですよね(気が小さいから…)。

でも「大人の遊び場」っぽい雰囲気がある場所だと、やりやすいんですよ〜。マチノテはまさにそんな場所。

4時間くらいぶっ通しで作業してましたが、気持ちが楽でした。

あと、参加してみたい講座けっこうあるんですよね。 

コムラボホームページより

在宅ワーク、シェアリングエコノミー、シェアオフィス、などなど

気になるワードがたくさん!

ただ、スタッフのお兄さんに聞いてみたら「今年は計画中なので、次回開催は未定」とのこと。みなさん、きっと本業も他にあるんでしょうね…。

移動は疲れる。でも刺激はたいせつ。

行きたかった場所に行き、かつ仕事もしてたので割とハードな2日間でした。

でも、刺激を得られたから、やっぱり行ってよかったです。

普段と違う場所で作業するメリットをとても実感しました。やっぱ、たまにホームを離れるって大事です。2日間と言わず、1日でも良いからちょっと足を伸ばして(かつ仕事も進めば)いいんじゃないですかね。

栃木市。やっぱ県南、県境は新しい文化が入ってきやすいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です