「ライフ・シフト」を図解。人生100年なら、何度だって自分を変えられる

こんにちは!たかぎです。

ライフ・シフトは、「ワーク・シフト」で有名なリンダ・グラットン先生の本です。

最近、Youtuberが「ライフ・シフト読もう!」と言っていて気になりました。

しかし分厚いんだ、この本…。

読みたいけど、ゆっくり読んでる時間はない…。

そこで、わたしは漫画でサクッと読みました。

ということで、たかぎがあなたの代わりにライフ・シフトの大枠と要点をまとめます!

漠然と人生不安だなーと思ってる方、私も不安です。

だから一緒に勉強しましょう。読書して人生の選択肢を広げましょう。

ではでは始めます。

「ライフ・シフト」とは?

リンダ先生が言ってることを一言でまとめると、

これまでの3ステージの人生から、マルチステージへ変化する

ということ。

LIFE SHIFT

3ステージの人生とは、

教育、仕事、引退(老後生活)の3ステージを生きる人生をいいます。22歳頃まで教育を受け、65歳までバリバリ働き、その後は引退し、余生を楽しむ。日本人の典型的なパターンですね。

でも、これからは3ステージの人生ではなく、マルチステージの人生に変わっていくというわけです。

※マルチステージについては、後半にイラストで説明します。

現実に、人生100年時代がくる。

どうして今までの生き方から、マルチステージに変化する必要があるのか?

単純に、寿命が伸びるからです。

現在の全世代平均寿命は、女性は87歳(世界2位)、男性は81歳(3位)。

正確に言えば、この数字は不完全で

医療技術の進歩などによる寿命の伸びを反映してないのですが…

まあでも、ざっくり言えば

2007年生まれの子どもの約50%が、

日本では107歳まで生きるそうです。

つまり今10歳とか12歳の子って、107歳くらいまで生きるってことですよ!

やばくない?

ってか長くない??

わたし今31だから、「あと69年は生きる前提でいるんだぞ」

ってことですね。長いな…。

よって今50歳未満の日本人は、100年は生きるつもりでいた方がいい

と著者たちは言います。

100年過ごす、マルチステージとは

100年以上生きる時代を過ごす、ということは

これまでの3ステージ制の人生における「仕事」が、マルチステージに変わります。

図解すると、こう言うこと!

新しい3つのステージ

新しく追加された3つのステージを説明しますと、

  • エクスプローラー …人生の意味を探す期間。(旅、留学、インターン等)
  • インディペンデント・プロデューサー …組織に雇われずに、自分で仕事を生み出す「個人事業主」的な期間。(起業も含まれるけど、お金を稼ぐことより経験重視な考え方)
  • ポートフォリオ・ワーカー …仕事+副業的に、組織で働きながら経験や知識を磨く時期。(例えば、将来エンジニアになりたいから、休日はNPOのプログラミングを手伝う、とか)

面白いなーと思ったのは、

人生100年時代は、年齢とステージは必ずしも一致せず、

どのステージもいったりきたりしていいってこと。

70歳のエクスプローラーがいたっていい訳ですよね。

お金だけが資産じゃない。3つの無形資産とは??

さらに、

マルチステージを生きるためには、お金だけじゃなく3つの無形資産が大切だと著者たちはいってます。

  • 生産性資産 …主に仕事に役立つ知識やスキル
  • 活力資産  …健康や良好な家族、友人関係
  • 変身資産  …変化に応じて自分をかけていく力

もちろん、現金や金融商品、マイホームなど「有形資産」が大切なのは言うまでもないけれど。

でも、どうしてお金を稼ぐのか?

私たちは紙切れが欲しいんじゃなくて、お金を使ったその先に得られる喜びや幸福を求めていますよね。そのためには、

有形資産、無形資産

どちらも作っていく必要があるというわけです。

まとめ

人生100年って言われたら、

「え、長くてしんど…」

って思いませんか。私は正直、そう思いました。

ですが、

ライフ・シフト漫画版に登場する「鈴木さん」が良いこと言うんです。

人生100年だぞ

何かを始めるのに遅いなんてことはないじゃないか

それこそ何度自分を変えたっていいんだよ!

まんがでわかるライフ・シフト

・・・

鈴木さんの言葉に泣いた…。

長寿化する日本で、どう生きていくか?

日本人のための新しい生き方、働き方のヒントをくれる本です。

漫画はサクッと読めて分かりやすいですよ。

いや、読んで気持ちが楽になりました。私にはあと69年あるからw

原作も読もうと思います。

まんがでわかるライフ・シフト





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です