月収13万だった私が、1年で100万貯めた方法

こんにちは。福島でお金を使わない生活をしてます、たかぎです。

わたしが地域おこし協力隊をしてたとき(2014.4〜2017.5)、年間100万円貯めました。年収200万、月収で手取り13万くらい。

低所得者というか、軽く貧困の部類に入ると思うんですが(苦笑)

それでも「月7〜8万貯めた」と言うと、驚かれることが多いので、わたしの清貧ライフのコツをまとめますね。

月5万くらいで生きられた。

当時の家計簿は捨ててしまったので、記憶を頼りに再現しました。

当時はこんな感じで暮らしてました。(20代、独身、地域おこし協力隊時代)

それにしても安いなw

ざっくり言えば、

収入:130,000円 − 支出:50,000 =貯金 80,000円

生活費が5万円くらいに収まるようがんばってやってました。

つっこみドコロとしては、「住居費」がゼロということ。

そう、地域おこし協力隊って住居費を経費として出してもらえたんです。

そして地方暮らしに欠かせない車。車ってお金かかるんですが。

ガソリン代も経費で出してもらえたので、大幅にカット。私用で使う分は3000円くらいでした。

移住すると最初はお金かかるので、このサポートはとても助かりました。

幸い借金とかローンとかもなかったので、せっせと貯めました。

衝撃。家賃が2万!

もう本当びっくりですが、家賃がめちゃくちゃ安い。

田舎って空き家がゴロゴロあるので「貸したいな〜」って思ってる大家さんも結構います。交渉次第では、月2万くらいで借りられます。

たかぎ

あの〜家賃いくらでしょう?

大家さん

2万じゃ高いかな?

たかぎ

いやいやいやいや

最近は「空き家バンク」とか「移住コンシェルジュ」が全国にあるので、彼らを頼りに調べるのが良いかと。

私が借りた家は、近所の農家さんが紹介してくれました。もともと他に移住者がもいたので、理解のある人たちに出会えたことが大きいかも。みんな優しい。

おかげで協力隊が終わっても、引越しや家賃に悩む必要がありませんでした。

本当ーに、ありがたい…。この恩は一生忘れません!!!!

通信費、電気代をカット

毎月固定で出ていく通信費もバッサリ減らしました。最近では当たり前になった、格安SIM。

わたしも以前はキャリアー契約してたので、月8000円強が、「みおふぉん」に乗り換えて一気に1600円くらいに。(電話付きだからちょい高め)

仕事用の電話が支給されてたので、どうしても必要な時はそれで。私用ではほぼ電話は使いません。だって無料ツール増えたからな。

そして電気代は、契約アンペアを下げて基本料金を大幅にダウン。最初は30A→今10Aにカット。1人暮らしなので全く問題ないです。

ちなみにクーラーは使いません。私がいる場所は標高が350mくらあるので、朝晩は涼しいし、日中はクーラーのある場所に避難すればよし!

農作業で3食・食材ゲット

移住したての頃、実は農家を目指してました。

空いた時間を見つけては、農家の家に突撃し、

「ここで働かせてください!!!」

と千尋のように野良仕事をゲットw 迷惑だったろうなあ。。。

対価は、現物支給

ウーファー」みたいな感じですね。

タイミングが合えば、一日3食、農家の手作りごはんをたっぷり食べてました。

肉、魚、乳製品はさすがに買ってたので、食費は月5000円くらいあれば事足りますね。

手伝いに行かなくなった今でも食材をくれるので、農家と信頼関係構築は大切…!!食べるものに困らないだけで、だいぶ精神は安定しました!

遊びにお金かけない

本っ当にお金なかったのでw、遊ぶときも金は使わない。

当日お付き合いしてた人とお弁当持参でピクニックしたり、美術館へ。一緒に農作業したり、かなりストイックでした…苦笑

TSUTAYAに行って好きなDVDを借りて、家に帰ってダラダラみるとか。それでもすごく楽しかったです。

友だちと呑むときも、基本宅飲み。1000円もあればお酒も食事も十分揃うので、お店に行くとか選択肢になかった。おごってもらう時は遠出して呑んでました。

大切な人と一緒にいれば、それだけで満たされます。

田舎では「遊ぶ場所がない」「車がないとどこにも行けない」と聞くけど、それって消費する遊びをしているから。お金使うだけが遊びじゃないっす。

その他・断捨離系

その他に実践してたこととしては、

  • テレビ観ない
  • 服はもらいもの
  • 化粧品や美容品ももらいもの
  • 石鹸1つで全身洗う
  • 基本自炊で、外食しない

などなど。いや、もっと削れたと思います。

今になって思うのは、

車、なくてもよかった…!

「いや無茶だろ」って言われそうだけど、協力隊の3年間は公用車もあったからチャレンジすれば良かった…!臆病な自分が恥ずかしい…。

移住当初はチャリ生活で、色んな人に乗せてもらってたからできなくなかったな、と。

公共交通機関も使えば、年間40万くらいは浮いたはず…。きいいいいい

節約<稼ぐことを実践すれば良かった

でも一番の後悔は、

節約ばかりで、稼ぐ練習をしてなかったこと。

当時、わたしがいる地域では副業が禁止。今では当たり前だけど、今から4〜5年前って「協力隊も公務員だからダメ」って考えが普通だったんですよね。

「いや3年ポッキリの公務員だから、稼がせてくれよ」と交渉し、最後は副業OKになったけど。

ダメって言われたから、副業やっちゃいけない

って思い込んでました。いや、アホだな…。もっと早く交渉しろよ…。

月1万でも2万でも自分のスキルでお金をもらう経験をしておけば良かった!!!

本当恥ずかしい話です…。そうすればここまで節約する必要もなかったはず。いや、清貧ライフは楽しかったんですが。

当時の自分って、お金を稼ごうとするのは醜いって思ってました。

無償のボランティアや無料で働くことの方が、田舎では評価される多かったし…。

でも実際、協力隊が終わってからの方が収入はアップして生活は楽になりました。この経験をまとめると…

欲望に正直に、お金を稼ごう。

ということ。生活費は上げずに収入を上げて、今後もせっせと貯蓄して自由に生きていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です