「離れる」も「残る」も、どちらも平等な決断だよねって話し

こんにちは、たかぎしおりです。

福島での生活も、残り2日となりました。

新しい生活にワクワクしてたのに、今度は新しい不安が生まれてきてます…..。「wi-fiどうしよう!」「車の処分いくらかかるかなー」とか、些細なことなんですけどね。

今月、1番心がけていたのは、お世話になった人への挨拶。

福島で5年も暮らしてこれたのは、周りの人たちのおかげだから。

彼らにちゃんとお礼を伝えてから、去る。

それが今月の目標でもありました。

だいたい20名くらいに挨拶しました。

そんな中で感じたのは、「ここを離れるって判断も、残ってがんばる判断も、どちらも平等だ」ってことです。当たり前なんですけどね。

なぜか「立ち去る者が美し」く感じるじゃないですか?

中島みゆきじゃないけど……

残されて戸惑う者たちは追いかけて 焦がれて 泣き狂う……

(いやそこまで思ってくれるなら思いとどまるかも)

でも、同じ場所にとどまることが容易なわけじゃない。

留まり続けるにも、工夫や努力がいる。

だから、「残る」「離れる」て決断に、差はないよな

って話です。

わたしのお礼まわり

餞別に、めっちゃキャベツもらった。

さて、参考に?わたしのお礼まわりの方法を紹介します。

この1か月で挨拶したのは、20名くらい。

この人には会って話したい」と思う人の、お宅やオフィスにおじゃましました。

形にこだわらず、誠意が伝わるようにしました。

些細な事ないけど、気をつけていることもありました。

  • 待ち合わせ時間に遅れない(今までできてなかった)
  • 落ち着いて話せるように、アポイントは1日1〜2件まで
  • 時間にゆとりをもつ(だいたい伸びるから、+1時間くらい)
  • 「何か贈りたい」「送別会を」と提案されても、気持ちだけ受け取る
  • なんか持ってく (うどんとか持っていきましたね…..)

…….形にこだわってますね………。

「面授」って言葉があるけど、直接会って話す効果は大きかったです。

声とか表情から伝わるものもありました。電話やメールですますことはできるけど、のちのち「直接会えばよかった」と後悔したくないので、我ながら訪問したのはいい判断でした。

生活をつくり直すエネルギー

本題の「残る」「離れる」て決断に差はないよね、というお話にうつっていきたいと思います。

「離れる」「拠点を変える」「移住」は、新生活への期待も高まって、ワクワクします。この1か月のわたしが正にソレでした。

でも、生活基盤を新たにつくるエネルギーは相当なものです。

これまでの仕事や生活をひと区切りさせる労力、新しい場所に慣れる練習、新しい生活拠点をつくる。そのどれもが、エネルギーのいることだなと思います。

あと、これはわたしのコンプレックスでもありますが、「1つの場所に根ざす」ことへの憧れがあります。

何か、同じ場所にいられる人ってかっこよくないですか?

それが自然にできるって、かっこいい。

そして、できない自分が歯がゆかったりもします。

生活を続けるエネルギー

一方、ここに残ることには、どんな労力がいるのかを考えてみます。

家や仕事もあって、仲間もいる。その辺を歩けば、見知ったご近所さんに会える。

そんな「ある程度はやっていける」って安心感は大きいですよね。

いざとなったら助けを求められる安心感て、すごくありがたいよな……と今なら思える。

生活基盤もある程度そろってるから、イチから作っていく労力は少なそうにも見えます。

一方で、1つの場所にしばられるような、窮屈さもあります。

挨拶をした人の中には、そんな人もいました。結婚、出産、育児、家族が増えれば拠点を定めたほうが、効率的ですしね。あと農業やってる人も土地があるから、そう簡単に離れられない。

人間関係も固定化されやすいし、刺激を作ってかないとマンネリ化もする。(それが心地よいって人もいる)

今の生活を維持し、何かを「続ける」には、相当のエネルギーはかかる。

どっちがラクか?

じゃなくて、どっちも容易じゃない。

むしろどっちも大変だぜ、と思います。

誰かの許可はいらない

5年前に移住した時も、勝手に決めて、勝手に越してきた。

すっっごく当たり前だけど

何か「始めるとき」、反対に「やめるとき」、誰かの判断は必要ない。

唯一、必要なのは「自分で自分に許可を出す」こと。

「いいよ、変わってもいいよ」と自分に言ってあげること。

でも「自分に許可を出す」って、意外に難しい。

今回のわたしの例で言えば、こんなかんじ。

  • 地元側「新しい家とか、仕事どうするの?せっかく慣れてきたのに……」
  • (あと、面倒みてきたのにな……って感情もあると思う)
  • たかぎ「離れるのは申し訳ない……残るべきだろうか」

そんな悩みを、この1年グルグル考えていました。

だけど、冷静に考えてみれば新天地で苦労するのは、だれでしょうか?わたしですね。うまくいかなくても、それはわたしの問題ですね。

だから、自分が望んだ苦労ならよろこんで受け入れるしかない。それが責任でもあるし。

わたしの問題は、心配してくれる人の問題ではないんです。

君は君、我は我なり、されど仲よき

武者小路実篤ではありませんが、自分と他人をごっちゃにしないように気をつけています。よくごちゃ混ぜにして悩んできたから!

  • 移住するのは、誰?
  • 移住して、苦労するのは誰?
  • その人生は、誰のもの?

肝心なのは、他人の課題にふみこまない。学びました。

アドラーじゃないけど……

「そうか、決めたんだね。じゃあ、体に気をつけてがんばってね」

そんなやり取りを、サラッとしてくれる人もいて、それがとても心地よかった。

あなたの決断が、なにより尊い

死ぬほど悩んで地域を離れる人もいれば、地域に深く根ざしてがんばろう、って決めた人もいる。

そんな真剣な決断を、天秤にかけることはできないですよね。

どちらも本気の決断、だからどちらも尊い。

「がんばってね。応援してるよ。また元気に会おうね」

そんなやり取りが、もっともっと増えていくといいな

と思いながら残りの少ない時間を味わいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です