日本て、フリーランスにはきびしい国だよなぁって改めて思った話

わたしは会社勤めしたこともないし、これからも就職するつもりはない。

だけど稲垣えみこさんの『魂の退社』を読んで改めて日本は、独立する人や、自営業を始める人、フリーランスに冷たい社会だなって思った。


魂の退社―会社を辞めるということ。

わたしは本を読むとき、印象に残った部分をイラストでメモするのだが、今回の本も手帳にメモした。

メモを元にipadで描いて、今回のブログにもはりつけました。補足もないと分かりにくいと思うのですが、とりあえず載せておきます。

稲垣さんの本は、重いはなしも痛快にサラッと読めるからすきです。

稲垣えみこ……日本のジャーナリスト。朝日新聞大阪本社デスク、朝日新聞論説委員、編集委員を歴任後、2016年に50歳で依願退職しフリーのジャーナリストとなる。(Wikipedia)

会社員じゃない=人にあらずの社会

会社を辞めたら、部屋を借りるのも、カード1枚作るのも大変だったらしい。

むき出しの個人になる

28年も勤めた会社を辞めた。その時の「放り出される感じ」って、すごかったんだろうな。

会社やめると国からペナルティー

注意点

これは朝日新聞で、デスクまで務めた稲垣さんだからこそ、のはなし。朝日新聞の記者は年収1千万以上と言われ、そのデスクともなれば退職金も相当な額だったのでは……と想像してる。

だって、ふつうのサラリーマンの退職金に税金なんてかからないもの…….。

会社にしがみつくほど、税の優遇がある

ここは首がもげるほど共感した部分。

だって脱サラして第二の人生スタート!みたいな人ってけっこういますよね(ラーメン屋やる!天然酵母パンつくる!みたいな)

そういう人って、本当どうしてたんだろう…….。失業保険がもらえる期間だけ、ハロワで就活してる「フリ」してたのかな…….。

独立、自営をはじめる人は、失業保険はなし

会社社会に巻き込まれない

うーん、正直わたしはサラリーマンの経験もないし、著者ほど立派な仕事はしてないけれど、それでも日本のフリーの人への塩対応を改めて認識した。

会社が、わたしたちの生活も、身分も、老後の生活も、ひいては「命」さえ保障してくれる。だから正社員になりたい人が多いんだ。

……でも、だからって会社勤めしたいか?って考えると、そうでもない。

自分に合っているとは思えないから。「給料のため」にやってる人が大半だと思う(そうじゃない人もいると思います)。

だったらわたしは多少収入が少なくても、フリーでいたいし、「会社社会」に巻き込まれず生きていきたいと思った。

会社依存度を下げる

作中で、稲垣さんは「まずは会社への依存度を下げていこう」といってる。

確かにこれはフリーのわたしも共感する。

固定の契約先というのがあって、どうしても経済的にもメンタル的にも「よりどころ」にしてしまいがちだから。

でもこれだけ変化が激しい時代に、今の契約先が3年も5年も続いていくとは想像できない。だから絶えず新しいコミュニティーやつながりを作ってく必要があるんだろうなーと思う。


魂の退社―会社を辞めるということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です