【年収300万でもできる資産運用】お金がなくてもできる!たかぎの実績公開

こんにちは、たかぎです。
老後のお金って心配ですよね。

それはサラリーマンもフリーランスも同じだと思います。

突然、金融庁から「資産運用してね」って言われても、何をしたらいいのか分からないし。

しかも収入少ないから、投資なんて無理ゲーすぎる。

と、思ったそこのあなた。

大丈夫。わたしも300万以内だけど、資産運用してますよ。

ハイリターンは見込めなくても、時間をかけて資産を作る方法はあります。

お互い希望を捨てずにやっていきましょう。

運用歴2年の私ができるだけ丁寧に解説します。

みんなの資産が大きく広がっていきますように!(あと私のも…….)

たかぎの実績を公開

じゃ〜ん。

合計しても100万にも満たないので、まだまだ資産は小さいですね……凹み。

基本的には「積立投資」をしています。毎月定額が引き落とされ、運用してくので、ほぼ貯金のイメージです。

そして「おいどこが増えてんだ、マイナスじゃん

と突っ込みたくなりますよね……。

そうなんです。こういう時もあるんですよね〜。

今年に入って世界が景気後退モードになってますよね。その影響が出てますね。

でも、積立投資は20〜30年かけて淡々と積み立てていくので、最終的にはプラスに転じているはず、です。

今がマイナスでも、長期スパンで見ればじわじわと増えていくのがミソでございます。

月10万を貯めてます

毎月、10万円を積立てています。内訳はこんなかんじ。

  • iDeCo(確定拠出年金) 1万
  • 積立NISA 2万
  • ウェルスナビ 2万
  • 小規模企業共済 1万
  • 現金4万〜

たかぎは、月収20万以内のいわゆる「低収入」です。

その中から10万てことは、毎月5〜6割は積立に回してるってことです。収入は少ないけど、使うお金も少ないので。

2年前に運用スタートした時は月3万だったので、成長したものです(しみじみ)今後もジワジワ増やしていきたいですね。

基本方針はこの3つ

運用方針てほど立派なものは無いのですが、こんな風に考えています。

  • 放ったらかしにできる「積立投資」がラク
  • 大きなリターンは望まず、利率3〜4%のゆる〜い実績を目指す
  • 20〜30年の長期スパンで資産を育てていく

目標はざっくり60歳で3000万です。

3000万じゃ足りないでしょ〜〜って意見もあるでしょうね。

でも、将来フタ開けてみたら「アレ!?増えてた!」ってなってたら嬉しいじゃないですか。そんなユルさです。

1)放置できる「積立投資」がベース

積立投資(ドル・コスト平均法)は、毎月一定額を、コツコツ買い続ける方法です。

わたしはウェルスナビを使っていて、毎月月末に引き落としされ、勝手に運用してくれるので、本当に放ったらかしでラク…….。使いやすくて、サイトのデザインもいいですね。

「放ったらかし」にできるのは、ロボアドバイザーが資金を元手に自動的に売り買いをしてくれるから。

ロボット任せじゃ、投資の経験ができない」って人もいるけど、最初はロボットにお任せでもいいんじゃない?と思います。

ロボアドバイザーやってみて、「うーん、ロボットに任せるより自分でやった方がいい!!」と思えば投資家になればいいんですよ。(そのパターンは少なそうだが)

だって、私たちには本業があるじゃないですか。毎日株の値動きを見て、トレードするなんて時間あります?

忙しい現代人にはロボアドバイザーは強い味方だと思います。

無料でシミュレーションもできるので、ぜひ覗いてみてください。

>>>ウェルスナビ (公式ページへ飛びます)

2) ローリターンでゆるく増やす

色んな意見がありますが、資産運用は年利3〜4%行ったら良いほうみたいです。

仮想通貨は40%とかすごい数字だったし、私がウェルスナビを始めた2017年の夏は10%とかでしたし(遠い目)…….

でも今は世界が不況モードに突入したので、高い利率は期待せず、長い目で見て3〜4%を目指してます。

3) 20〜30年かけて資産を育てる

ざっくりのイメージは「60歳で3000万」です。

  • iDeCo 780万→1000万
  • 積立NISA 720万→1000
  • ウェルスナビ 760万→1000万

私は今32歳なので、あと28年かけて3000万に育ててく感じですね。

目標額は人によって違うので「自分はどれくらいほしいかな?」と考えてみてくださいね。

スーパーざっくり考えると、3000万を、年利3〜4%で運用すれば、年間90〜140万のリターンを期待できるってことです。

働かなくとも年間90万入ってきたら最高じゃないですか?病気や働けない時もプラスの収入があれば精神的にもラクですよね。

初心者におススメの方法3つ

iDeCo(確定拠出年金)

  • 今までの公的年金は、自分が払ったお金は自分のものにならなかった
  • でもiDeCoはかけたお金はぜんぶ自分がもらえる
  • 節税効果が高い

iDeCoのメリットは、なんと言っても節税効果の高さ

運用すれば毎年払う税金を軽減させることができます。

ためしに、私の場合で節税シュミレーションしてみますね。

節税シュミレーション

楽天証券より

たとえば、年収300万で、毎月2万3000円を、28年間積立てたとします。

すると住民税・所得税を、年間で5万5200円節税できるんですね。毎月2万3000円払うと5万節税できるのは大きいですね……。

28年間で考えたら、154万5600円も節税できますよ。

楽天証券より

運用時の非課税もメリットになっています。

28年間の節税額154万+運用益の非課税額87万を合わせれば、合計230万の節税…….。230万を払わなくて済むなら、馬鹿にならない金額じゃないでしょうか。

積立NISA

  • 名前の通り「積立投資」に特化している
  • 運用益が非課税で、税制メリットがある
  • 設定したら、あとは放置でOK!

積立NISAは、毎年40万円までと額が決まっていて、20年間だけ非課税になります。だから継続して800万をひたすら積立てくくのが前提です。

国のお墨付きの制度で、金融庁がすすめるスタンダードな投資方法です。買えるのは国が選んだファンドだから劣悪なファンドは含まれないのも、安心できる要素かな〜かと。

「非課税メリット」とは?

「非課税メリットって言われてもよく分からん!」って思いません?私も実はよく分かってなかったんですよね……。

すごいざっくり言えば、ふつう株式投資などで儲けた場合、20%は税金でもってかれます。100万儲けたら、20万税金引かれるわけです。それがNISAの枠なら20万免除になります。

節税シミュレーション

楽天証券より

たとえば、毎月3万3000円を、20年間積み立てたとしましょう。ざっくり利回り4%を期待すると、800万を1200万に、1.5倍になることを期待できます。

あくまでシミュレーションではあるけど、ちょっと増えると嬉しくなりません?

iDeCo積立NISAも、無料で調べられるので、ぜひ気軽に計算してみましょ。

100万あったら運用しよう

あくまで個人的な目安なんですが、預金口座に常に100万以上ある人は、資産運用を始めてみるのをおすすめします。

なぜなら、100万を切り崩さず生活できるだけの経済力があるから。すぐにお金使っちゃう人だと難しいんですよね…….。

とはいえ余剰資金でやりましょう

元本割れの可能性先ほどのイラストにもあるように、ウェルスナビと積立NISAは元本割れの可能性もあります。(iDeCoは年金なので元本保証)

資産がゼロになる可能性は低いけれど、「減っちゃった(泣)」って可能性もゼロじゃないのです。だから最悪この金なくなってもいい余剰資金でやる。たとえ減っても勉強代と言えるといいですね。

おサイフと相談しながら決めてくださいね。

お金に働いてもらいましょう

とはいえ(2回目)……

ゼロ金利時代、銀行に預けていても1円増やすのも相当な時間がかかります。

「このまま銀行に預けてるのもな〜」って悶々としてたり、「試しにやってみたい」と1ミリでも思うなら、レッツトライ。

気軽にやってみましょ。やってみて「やっぱり嫌だな」と感じたら、銀行にお金戻しちゃえばいいんですよ。

資産運用の良いところは、自分の代わりにお金が働いてくれるところ。

お金がお金を生んでくれるしくみをフル活用をして、もっと自由を手にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です