【新米フリーランス奮闘記】3泊4日撮影・取材 in 沖縄

たかぎです。沖縄に行ってきました!

え、彼氏とバカンス?この稼ぎ時にそんなことしてられませんよ~。(干からびる女の典型)

小学生の3泊4日の沖縄研修の「記録係」として同行しました!動画と写真を撮って、DVDとパンフレットにまとめるお仕事です。

今日は新米フリーランスの奮闘記をご紹介します。

撮影のお仕事はこちら

今回は、とあるデザイン会社さんから撮影のご依頼をいただきました。内容は、

  • 3泊4日の沖縄研修旅行の「記録係」
  • 撮影するのは、動画と写真
  • 最終的に、DVDとパンフレットにまとめる
  • ちなみに「記録係」はわたし一人

こんな感じです。私はイラストを生業にしており、プロのビデオフラファーではありません…。だからちょっと緊張しておりました。

でも、すてきなDVDとパンフレットを作るためにがんばろう!と気合いを入れてっ出発しました。

ドタバタの3泊4日をレポート

当初の予定では、

  • 1日目:沖縄へ到着、首里城見学
  • 2日目:ひめゆり平和記念資料館、ガマの見学、海水浴
  • 3日目:現地の小学校と文化交流会、ちゅら海水族館
  • 4日目:那覇で自由行動、帰宅

こんな流れでした。

しかし…旅は予定通りにいかないものですね。さまざまなトラブルに逢いながら、新米フリーランスは鍛えられていきました。

トラブル① 台風で飛行機が欠航

実は2回目のお仕事で、ちょっと安心してました。そんな私に顔面パンチをくわらしたのが、台風の到来。出発の日、沖縄行きの飛行機は全便欠航が決定。

台風で、飛行機とばない=パニックが起きました。当然、プログラムは全面的に変更を余儀なくされました。

一同「沖縄には行けない!でも研修旅行は中止できない…どうしよう!!」

対策としては、

  • 明日には沖縄便が再開する可能性が高い(天に任せる)
  • でも、羽田や伊丹を経由するかも
  • プログラムの取捨選択をする
  • 全員が同じ飛行機に乗れるかは、航空会社の采配による
  • こちらは待機するしかない
  • 場合によっては、子どもを班ごとに移動させるか
  • そういえば、台風の影響で郵送した荷物が届いてないらしい
  • 絶対必要な資料だから、なんとか準備しなきゃ

…などなど。

担当の方は大変でしたし、私も陰ながらできることをさせてもらいました。

新米なのであまり役にたちませんが…

トラブル② 4日の旅を2.5日に圧縮

翌日、飛行機は再開!

全員で無事に沖縄に到着しました。しかし、4日間分の旅を2.5日分にする必要が出ました…。

  • 1日目:沖縄へ到着、首里城見学
  • 2日目:ひめゆり平和記念資料館、ガマの見学、海水浴
  • 3日目:現地の小学校と文化交流会、ちゅら海水族館
  • 4日目:那覇で自由行動、帰宅

ここから、どうしても外せないプログラムを選ぶことになりました。結果、カットせざるを得ないプログラムも出ました。

  • ガマ(戦時中の防空壕)の見学
  • 海水浴

沖縄の海を楽しみにしてた子もいるので、ちょっと可愛そうと思いつつ…。天気のことは誰のせいでもありませんし。

トラブル③ 限られた時間での撮影

プログラムが変わればみんな大変だけど、撮影の仕事にも影響はあります。しかし、非常に鍛えられた時間でした…!

  • 短時間で「取れ高のある」映像をゲットする
  • 足りない物は、現地でなんとかする
  • 仕事増える=睡眠時間減る(みなさん寝不足)
  • 全体的に忙しいので、子どもも疲弊する

でも、先生も子ども頑張って「いい旅にしよう」としてるから、泣き言をいってる場合じゃありません。

新米フリーランスが学んだこと

3日目夜、海には入れなかったため急遽ナイトプールへ。はしゃぐ子どもたちを撮影する私。

新米フリーランスの私は学びました。

① どんなトラブルにも対応せよ

事前に予測できた「不測の事態」は、こうも簡単に起きるものなんだなと。

というか、トラブルはあって当然。

  • 撮影時間が減ろうが、受けた仕事は必ず納品する
  • 瞬時の対応力は大切。ふだんから技術と鉄のメンタルを培うべき

いつもとは違う場所で仕事するって楽しいけど、こういうトラブルさえも糧にしてやってかないとな…と学んだ4日間でした。

② 子どもたちから「協力」を教わる

今回、子どもたちが本当に立派でした。

本当は「もっとゆっくり見たい」「考えたい」と思うことが、こどもはいっぱいあったろうなと思います。

でも、容赦なくリミットが来る。こどもたちも今回の事情を分かってるから、グッと我慢して、その場を離れてるようにも見えました。

「えらいなあ…」と、大人の私が子どもたちに教えてもらうことが沢山ありました。幸い、子どももスタッフも死ぬほど協力し合い、なんとか無事終了しました。

③ 見知らぬ土地で、腕を鍛える

上空から見た沖縄の美しさに、息をのんだ。

正直、暑さとタイトなスケジュールでバテました。「ああ、しんどい…」と思った瞬間もありました。

でも沖縄から、帰りの飛行機が飛び立った瞬間、思ったことは「またこうやって、仕事したいな」でした。

知らないと土地で仕事するって、本当に実力が試されます。

  • できないことを、容赦なく叩きつけられる
  • 自分でなんとかするしかない
  • つらくて情けない

でもそれが楽しいです。こういう働き方、ずっとしたかった。

そう思いながら、普段の自分は心のどこかで「私にはできない」って否定する気持ちもあります。そんな葛藤があっても、やりたい。ならやるしかない。

飛行機乗ると、そういうエモいことがとめどなく溢れてくるんですよね。

いつか人生に終わりは来るので、その時まで自由に飛び回って、いい仕事をしたいと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です