めんどくさいけどオススメしたい【家族の旅】コツ8つ

こんにちは!たかぎです。

だいぶご無沙汰してました。11月は2つの旅にいってきました。

  • ファミリートリップ
  • 南米ペルーの旅 

ちょっと今の生活に停滞を感じるので、旅行してきました。

旅は、お金も価値観も「捨てる」いい機会ですから。

今回は家族の旅について。家族の旅は、ほんっとーにめんどくさいです…。でも両親も還暦を迎え、やっておいてよかったなと思います。

うちの家族がやって分かった今日は家族と旅するコツ、ご紹介します。

前提:親と過ごす時間は減っていく

そもそも旅に出た理由は、両親が還暦を迎えたから。

親いわく「赤いちゃんちゃんこは絶対に着たくない」らしく、なら旅するか、と。シンプルですね。

そして、両親が還暦=一緒に過ごせる時間も減ってるということ。悲しいが事実。

スーパー単純計算ですが、

わたしが親と過ごす時間も100回を切り始めたと思ってます。

  • 平均寿命約80歳 ➖ うちの親60歳 = あと20年
  • 年4~5回の帰省 or 密会 × 20年 = 残り100回くらい会える

…うーん、リアルな数字です。

だからこそ一緒に過ごせる時間を大切にしたい。いろんな場所を一緒に見たい。そんなピュアな気持ちからの旅に出ました。

家族と旅するコツ6つ

では、うちなりの家族と旅するコツ6つ紹介します。

  1. 年長者に従う
  2. 現地集合・現地解散
  3. 現地でもバラバラ
  4. おいしい物をたくさん食べる
  5. 行きたい所なら一人でも行く
  6. 撮った写真はLINEでシェア 

1 年長者に従う

めも

旅が決まってから、父がいいました。

ちち

俺、スケジュール組むよ

一同

(マジか)…はい…

正直にいえば、一人旅が好きな私にはスケジュールを決められるなんて、ストレスでした。

がしかし….。今回の主役は?

父と母です。「還暦祝いだし、年長者のいうことを聞こう」と。

そこで素直に従いました。結果として、これは正解!

年寄りはガンコだからな!₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

その後、父はせっせと旅程を組み、ホテルを押さえ、もろもろ予約してくれました。有言実行…!!あげく旅のしおりまで作成してくれました。(冒頭の写真)しかも1〜2ヶ月前には家族にシェア。抜かりない…。でも楽しみにしてくれたようでよかったです。

目的地は、大阪・神戸・京都。3泊4日の旅です。

割とハード…₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

2 現地集合・現地解散

困ったことに、家族全員のスケジュールが合いません。

(合わせる気もない人たち)

ちち

よし、現地集合にしよう

一同

了解です(やった!)

「家を出てからが旅」と言うけれど、現地集合・現地解散の家族旅となりました。

この話をすると色んな人にびっくりされた。けど、うちの場合はバラバラ行動の方がお互いノーストレスなのです。

不思議かもしれませんが、そういう人たちもいる。ウンウン。

逆に「ずっと一緒がいい」タイプは、移動もホテルも現地行動もぜーんぶ一緒に過ごせばいいんですよ。

3 現地でもバラバラ

はい、現地に着きました!

移動もバラバラですが、現地でも自由行動になりました。

これにはワケがあって…

  • 一人がすき派:父・兄・わたし
  • グループ行動派:母・姉・姉旦那

…異なる人種がミックスされてるようなもんですね。

みんな自由に動きたい。でも命令されるのはいや。

じゃあなぜ旅に……?₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

「みんなイライラしてるな〜」と雲行きが怪しくなってきた所で、父から魔法の言葉がくり出されます。

ちち

よし、◯時まで自由行動にしよう

一同

了解です(やった!)

パーっと野放し。これが一番ですね。

家族といえども終始べったりはつかれます。

4 おいしい物をたくさん食べる

コツ4つ目は、とにかくおいしいもの食べましょう。

食べ物は色んなことを解決してくれます。

例えば…

疲れた→腹減った→ケンカ→肉まん→解決

こんなこともできます。

ま何を隠そう、我々がやったことで…。姉が一所懸命うまい豚まん屋を探し、兄が30分並んで購入し、家族全員で立ち食いしました。なぞ。

あとはとにかく父が美味しいお店に案内してくれました。

そんな時は褒めちぎるのも1つのポイントですね。

実際とてもおいしかった₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

5 行きたいなら一人でも行く

window

コツ4にも通じるけど、あんま我慢はためないでおきましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」ですが、せっかく遠くに来たんだから、行きたいとこに行きましょうよ!私は友だちのゲストハウスに泊まったりしました。

6 撮った写真はLINEでシェア 

せっかく旅に出たなら、好きなとこ見たいですよね。とはいえ、別行動だとマジで「何しに来たんだっけ…」となるので、写真をLINEでシェアするのがおすすめ。バラバラに動いても写真を見ることで、じゃっかんの一体感も生まれます。集合写真も大切ですね。

そして食事の時に「ここ見てきたよ」とか報告し合うのも、なかなか楽しいですよ。日中バラバラ→夜ごはんで共有。これがうちらしい旅のかな、と。他のお宅はどうなんだろう…?

まとめ

別行動ばっかりで「それ家族旅行?」とツッコミもありそうですが、それでも楽しかったです。

「へんな旅」と思われても、本人が楽しければOK。同じ時間を過ごしただけでも十分価値がある。終わった後に写真を見返して会話もしてて、いいコミュニケーションが生まれてます。なんだかんだ、行って良かったと思う。

家族はめんどくさいの一言に尽きます。大人の旅は、予算はあるけど体力落ちてたり、ヘンに気を遣ったり、新たな「めんどくさい」がプラスされる。でも、旅の思い出はずっと残る。その記憶があるだけで、私はちょっとがんばれるかな、と思うのです。

家族が元気なうちは、いろんな所に行ってみよう。

皆さんもぜひ家族旅行を楽しんでくださいね!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です