ド田舎から30万でペルーに行ってきました【格安な旅の方法】

霧のマチュピチュ〜

南米・ペルーへ行ってきました。たかぎです。

「ペルーに行ってきます」と、言ったら

職場のみなさん

「リッチだね〜!」

と、言われます。が、

安くはないが、高くもないのです。

私は、30万でペルーを2週間、満喫してきました₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

そこで今日は、低予算で旅をつくるコツをご紹介します。

この記事の内容

  • ペルーに30万で行く方法
  • 低予算で、海外旅行をつくるコツ(3つです)

30万でペルーに行ってきました

大手旅行代理店のツアーを見てると、

  • ブラジル7日間の旅、50万!
  • リオのカーニバル、100万円

なんてツアーも…。ひゃ…….?

ちょっと高すぎですので、30万で行ってきました。

30万の内訳は、こちら

※この他の費用として、愛猫をペットホテルに預けました。2万円ほど。だからトータル32万くらいです。

南米ならではのコスト

南半球。ペルー。南米…。やはり特有のコストが発生します。

  • 予防接種
  • ESTA(ビザ免除。アメリカ経由なら必須)
  • でも、現地についたら物価は激安です

短期間でも、予防接種を

地球の裏側ともなると、日本にない病気にかかるリスクもあります。

だから、予防接種をおすすめします。

私は黄熱、破傷風、A型肝炎の3本をブスッと打ってきました。(1ヶ月以上滞在する時は、もうちょい打ちます)

ESTAも必須(ビザ免除)

そしてアメリカ経由なので、ESTAも事前に申請。これは3日前くらいでもOK。費用は3000円くらいです。最近は丁寧な解説サイトもあるので、難しくないですよ。

電子渡航認証システムとは、ビザ免除プログラム参加国から船舶または航空機でアメリカ合衆国へ入国・通過する者に対し、米国出入国カードをアメリカ合衆国への渡航前に、インターネットのウェブサイトで電子申請することを義務付けるものである。

wikipedia

でも、現地ついたら物価が激安

でも、現地についたらご安心ください。3万もあればOK。

ペルーの通貨は「ソレス」。私が行った時は1ソレスが35〜36円くらい。つまり現地では、お金がかからない!

500円もあれば、お腹いっぱい食べられる国です。

ペルー最高…

  • ちょっといいホテル(ビジネスホテル並) 120ソレス →4320円
  • ちょっといいレストラン(前菜、メイン、飲み物) 50ソレス →1800円
  • 地元民が通う食堂 10ソレス →360円
  • タクシー代 (30分くらいの距離、交渉次第) 20ソレス →720円
  • 乗合タクシー(2時間くらいの距離) 8〜10ソレス →288〜360円
  • ペットボトル 2ソレス →72円

や…っすい!!! 

どうですか?もう一気にペルー行きたくなるでしょ。

安くて楽しい旅をつくるコツ3

コツは3つです。

  • 手順① 格安航空券をゲットする
  • 手順② コスパの良い宿を見つける

手順① 格安航空券をゲットする

ポイントは、旅行する時期のチョイスだと思います。

日本人が休暇を取る時期や、国や文化によって値段は変動します。

特にこんな時期は…

  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み・お盆休み
  • クリスマス
  • 年末年始(旧正月)

いわゆるハイシーズンなので、航空券も値上がり…。見方を変えれば、

ハイシーズンを避けることで、格安の航空チケットが購入しやすくなります。

ハイシーズンは避ける

例えばペルーの場合、

  • 雨季(11月〜3月頃)
  • 乾季(4月〜10月頃)
  • 人気なのは、乾季です

雨が少なく、晴天が続く乾季に、みんな行きたい。だから混む。

だから、私は雨季の11月を選びました。

確かに、雨が降ったり、マチュピチュが霧にかかったりしましたが、問題なしです。霧は好きなので。かえって楽しめた!

おすすめのアプリ

▼たかぎはスカイスキャナーから、3ヶ月前に予約しました。

▼旅行代理店から買うのも有り

大手航空会社が運営するオンライン代理店のSurprice。ポイントは最低価格保証をしてこと。

日本発海外航空券で、同一内容の商品が他社サイトよりもお支払いいただいた金額が高かった場合、24時間以内にご連絡ください。差額をご返金いたします。

surprice

手順② コスパの良い宿を見つける

コスパの良い宿を見つけるには、アプリやネットをフル活用しましょう。

  • 宿泊予約サイト
  • AirB&B

宿泊予約サイト

旅行費用でけっこうな割合を占める、宿代。

国にもよるけど1泊で1万円を越える場所もザラにあります。それじゃ格安旅行したい人にとってはイタイ…

だから多少の割引がある、オンラインの宿泊予約サイトがオススメ。詳しいカスタマーレビューも載っているから、自分で良い宿も見つけやすいです。

expedia(エクスペディア)

ユースホステル、AirB&B

とにかく安くしたい!と、いう時はユースホステルやAirB&Bも活用しましょう。基本的にはドミトリーと呼ばれる相部屋で、夕食はなし、自分で布団を敷く、というDIY方式。だから安いんですね。学生や若者に限らず、長期旅行の大人たちも活用してます。

参考サイト 「初めてでも安心!海外旅がぐっと広がるユースホステルの予約、宿泊方法」

手順③ 現地ATMでキャッシング

銀行や成田空港で両替もできますが、ちょっと割高なんです…。

だからクレジットカードを使って現地で現金を引き出しましょう。

少額ですが、両替費用を抑えられます。

でも、キャッシュレス化が進んでますので、VisaかMasterカードがあれば死なないかと。

ペットボトル1本でも、スーパーでも、基本的にはクレカでOK。

南米なら、カード2枚と3万くらいあれば、十分でした!

情報があれば、格安旅行はつくれます

とても海外旅行がしやすい時代になったな〜と思います。

航空チケットと、ホテルさえ予約すれば、すぐに旅に出れます

いや、もうチケットさえあれば現地でなんとかなるかもです。

「えー、調べるのめんどくさい…」と思うかもですが、自分で調べたことは確実にストックされていきますので。それも楽しいはず。

工夫次第で、安くて楽しい旅ができる時代です。

世界の果てのような田舎からだって、地球の裏側にだって行けます。

もっともっと気軽に、海外旅行を楽しんでいきましょう。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です