新しい居場所を見つけた1ヶ月【いなフリ記録】

1ヶ月の田舎フリーランス養成講座(通称:いなフリ)が先週、終わりました。

正直、長かった…。

もう辛くて。泣いて。

八つ当たりした日もありました。(ごめんなさい)

「何か変わった?」と聞かれても、正直まだ分かりません。

フリーランスとしてやっていけるのかな?という不安はずっとある。

でも、不思議と晴れ晴れしいです。やっとスタートラインに立ったんだ、と。

そんなわけで、この1ヶ月をまとめます。


これから「いなフリ」に参加するか考えている人へ、

少しでも気持ちが軽くなったり、参考になったら嬉しいです。

そして何より

1ヶ月共に過ごしてくれたみんなにありったけの「ありがとう」を送りたい。

いなフリとは何だったのか?

1列目がメンター/講師、2列目が受講生。今回はこじんまり。

photo by 草葉あゆみ

いなフリから帰ってきたらめっちゃ質問されるので、概要をサクッと答えます!

Q. いなフリで、何を得られるの? 

A. フリーランスに必要なwebスキルが中心です。が、希望に合わせて柔軟にプログラムを変えてくれたよ。あとは、あなたが「何を得たいか」によるよね!時には人生相談にも乗ってくれる、ありがたい場所。

Q. 参加者は何人?どんな人たち?

A. 今回は8名、男3女5。最年少は19歳、最年長は31歳(わたし)。1ヶ月泊まり込みの合宿に参加する人たちなので、かなりタフ。そしてすばらしく魅力的だった。まあ……ふつうの生き方で満足するような人たちでは、ないよね〜。

Q. いくらかかったの?

A. 受講料、交通費、1ヶ月の衣食住すべて合わせると総額20万。高いか安いかは、自分の行動次第ですね。わたしは参加前は「高いよ〜」と思ったけど、今の感想は「安い」。なぜなら20万以上の経験を得たからだ!

Q. で、結局どうだった?

A. 自分と他人の人生に向き合ったことで、メンタルが落ちついた。だいぶラクです。

Before「稼ぎたい稼ぎたい」「お金ほし〜っ」

After「落ち着け。自分のできること、じっくりやろう」

イメージ

4週間の変化をまとめる

こんなかんじ


…「必死だったんだな」と思ってもらえれば嬉しいです…
ちなみにCS=クラウドソーシングです。

ざっくり言うと、

1週目 ライティングの仕事をゲットする →すでに辛い

2週目 CSで仕事をしてみる →いやになる

3週目 インタビューの企画に振り切る →逃げたくなる

4週目 今後の計画を立てる →泣く

っていう流れでした。

初日の緊張感はすさまじかった

初日、私は期待と不安で最高に焦っていて。メンタルがぐちゃぐちゃでした。

しょっぱなの個人面談、メンターの言葉がグサグサ心に刺さります。

「他人の軸にふり回されてるよね」

「なんでも器用にできるって、実は諸刃の剣なんだよね」

「まずは1つの仕事をものにしようよ」

正直、丸裸にされた気分。

中途半端な生き方を見透かされた気がして。

あと全部、図星だったから…。

でも、こうしてはっきり言われたことが良かった!

「まずライティングに集中しよう」と方針が決まり、やることが絞れた。やること決まったら、メンタルが落ち着きました。

そんな感じで、達成感がある1ヶ月になりました。

(まとめ方が雑だけど、ほんと初週がきつくて山場だった)

よかったこと1:メンター制度

中央がメンターナナシロ

photo by 草葉あゆみ

ここからは良かったな〜と思うこと、主に3つあげていきます。

  1. 人 …… メンター制度、同期の受講生
  2. 環境 …… コワーキングスペース「hinode」、宿舎「アパート」、ご飯
  3. プログラム …… 希望に合わせて柔軟に変化させてくれる、自己理解講座

1ヶ月、一緒に走ってくれるメンター

「指導者」「アドバイザー」が一般的なメンターのイメージだと思うんだけど、いなフリのメンターは「伴走者」。目標設定からタスク管理、そして人生相談まで、どんなに些細な質問でも答えてくれました。

すべてに答えてくれようとしてる姿勢が、嬉しかった。

私はクライアントへ送るメール1本でもウジウジ悩んで、相談してました…。

今回は少人数だから、なおさら密にコミュニケーション取れたのかもしれません…。ラッキー!

講師×講師によるバックアップ

専門分野が異なる講師がいるので、
こういうこともできるんですよね。

私は営業方針で悩んでたので、これは心強い!

メンターから客観的なフィードバックをもらえる

実は…

3週目にメンターに対して不満が爆発しまして。

私から「話そう」と連絡をし、お茶しながら話す時間をもらいました。(果たし状かな…?)

言いたいことを言えて、スッキリしました。

その後、メンターからも率直なフィードバックをもらうことに。

その時間がすごく良かったのです。

  • 想像力ないよね → だから直接的なコミュニケーションを取るんだね
  • 感情が顔に出やすいよね → 分かりやすい
  • 子どもっぽいよね → それをいいと思う人もいる。愛されるタイプ

…ぐぅ。その通りです。

一方で、温かいフィードバックもたくさんくれました。

  • 自分にはスキルがないって言うけど、そんなことないと思うよ。
  • じっくりやるのがあなたの強み
  • 長く付き合えるお客さんを探したらいいんじゃない?

…話してるうちに、だんだん「あること」が分かってきました。

実は、過去のトラウマやコンプレックスを引きずっている。そのことに、ショックを受けている。

過去のトラウマが、行動に制限をかけている。社会の常識に合わせようとして、自分を歪めていることが、本当にやりたいことができていない原因なのもかも…

そんなことも教えてくれたのがメンターでした。

私にとってメンターは大切な存在だったので、率直に話せたのはとても貴重でした。

もちろん「数値的な成果をあげたい」って人は、相談すれば全力で答えてくれると思いますよ。この何でも答えてくれる感じ、すごいと思うんだ。

よかったこと2:環境

hinode イベントスペース

コワーキングスペース「hinode」 という場所

時には、旅立つ人のお別れパーティーがあったり。

photo by 草葉あゆみ

今回、hinodeに出会えたことが大きな収穫でした。

仕事ができるコワーキングスペースとして、一般の人も借りられるイベントスペースとしても便利。でも、何より価値を感じたのは、人とのつながりを生む場所だということ。

はじめは緊張しててよく分からなかったけど、「新しい人との出会い」を求めてここに来たのかも…と気づかされました。

「アパート」の存在

この1ヶ月、ミニマルで暮らせたことも心地よかった。

人間あまり必要なものは多くないですね…。

「hinode」の近くには、「アパート」という宿舎があります。

実際アパートで、呼び名もそのまま「アパート」なんですよね(笑)


アパートのここが良かった

  • hinodeから近くて便利。徒歩3〜4分
  • キッチンがあるので毎日自炊ができる(節約!)
  • 昼寝ができる(最高!)
  • 一人になりたい時は引きこもれる
  • 一人に飽きたら共同スペースに行けば、人と会話できる
  • 過去の受講生も住んでて、親身に相談にのってくれる

物理的にも、精神的にも「アパート」の存在は大きかった。

ありがとう、アパート。

ご飯が美味しい

いすみ市は海の幸もあり、山の幸もあり。食材が豊かなので、食事が楽しかったです。食いしん坊としては嬉しい…!

出張料理人さんが来て、ランチをいただいたり。このキャベツのおいしかった〜

photo by 草葉あゆみ

朝市のたこは絶品。ぜひ食べて欲しい〜。地元の方とも話せて楽しかった。

よかったこと3:プログラム

あんちゃさんの講座は感動した。

photo by 草葉あゆみ

プログラムもよかったんですよ〜。

ホメてばっかりだな。


希望に合わせて柔軟に変化させる

前半の2週間は、フリーランスに必要なスキルを学ぶ講座がみっちり詰め込まれています。

でも後半になると、希望に合わせてアレンジしてくれるんです。

参加必須もあれば、本人が決めてOKもあったり。

私は3週目はインタビュー記事の作成に燃えてたので、講座をスキップすることもあったけど、「いいよ!」と言ってもらえて作業に集中できました。


高さんの自己理解講座


「フリーランスは自分が標準だから、自分を知る必要がある」by高さん


この講座の学びは、とても大きかったです…。

自分のコントロールができず、ずっと悩んできたのでヒントを得られてホッとしてます。

アップダウンが激しくて、他人を傷つける。そんな自分がいやでしかたなかった。だから潜在的に自分を「管理」する方法が知りたかった。

この講座のおかげで「自分を管理」するスキルが1つゲットできました。

(これはまた別記事にします)

反省…

いいことばかり言ったけど、反省点もあります。「いなフリ」のせいではなく、あくまで自己責任なんですが。

全然、稼げなかった

CSで仕事を得るも、結果は1万円くらいしか稼げず。

も〜、しょうがない!

途中から稼ぐ方からやりたいことに集中したので、自業自得というか。

というわけで今月ピンチなので、せっせと働いて仕事をゲットします。

他人任せじゃ何も得られない

私はどこか「お客さん気分」でいました。

他人に判断をゆだね、「なんとかしてほしい」気持ちもありました。

でも「お客さん」のままでは、得られることは限られる。

そしてフリーランスになってから苦労します。(苦労してます)

だから講座1つとっても「自分がどうしたいのか?何を得たいのか?」を自問して、運営側と一緒に講座を作っていくつもりで臨んだほうがいいなと。

これってあらゆる仕事に通じる話だな、と思ったり……。

感動していること

終了パーティーでは、みんな泣いてる姿を見てこちらも泣く。

photo by 草葉あゆみ

結局またホメてしまうんですが……(笑)

しょうがない。いいものはいいんだ。

資料や写真のシェアがOKなところ

「資料はどんどん見せていいよ!」といわれて地味に感動しました。

参加者しか見てはいけない、みたいなイベントもあるじゃないですか。

でも「いなフリみたいな事業が、世の中に広がって欲しい」とのことで、その考え方がいいなって思った。

「いなフリの感想教えて!」って人が周りにいるので、どんどんシェアしていきます!


実践的な学び

記事をしあげていた時。幸せだった

3週目につくった、インタビュー記事が正に実践的な学びでした。

・編集者にビシバシとチェックしてもらえる

・リリース直前、編集、カメラマン、ライターでPC付き合わせて作業した時間

・リリース直後、周囲からダイレクトに感想を聞かせてもらえる

・PV数も分かり、反応が目に見える(数値的には500pv)

「こういう仕事が好きなんだな」と改めて確認できました。

終了後も相談できる環境

受講中も使っていた「slack」というチャットツールで、今も色々と相談にのってもらってます。

「いなフリ後も、気軽に相談してね」と言ってもらえたことが、嬉しかった。

今日も同期が日報とか共有するんですね。そのメールを見るだけでウルっとする…。誰かのがんばる姿が自分の勇気になってます。ふしぎ。

新しい仲間と、帰れる場所が増えたこと。

つまり、心のよりどころができました。

最初は、またhinodeに来ることも想像できなかったけど、じわじわとまた「帰ってくる」ことを考え始めています。

「いなフリの1ヶ月が終わったら、今度は”仲間”になるんだよ」

そう言われた時の心が震えた感じ、忘れられません。


「いなフリ」への参加を考えている人へ

あんま難しく考えず、できることやってみよう。

と、自分に言ってあげたい。


photo by 草葉あゆみ

1ヶ月前の自分に語りかけるつもりで、まとめます。

迷ってるなら、まず相談してみて

会場のhinodeに直接行って、相談した人もいるそうです。賢いな〜と思うし、てっとり早くていいやり方ですね。

不安な時、一人にならないで。現地に行って、人と話そう。何かが分かるかもしれないから。そしたら、一歩前進だ〜!

「遠方で千葉には行けないよ〜」という人も、とりあえずメールで相談してみては。hinodeのスタッフがきっと答えてくれるよ。


受講費用くらいのお金は、すぐ回収できる

費用のことで参加を決められない人もいるのかな、と思う(私がそうだった)

でも20万くらい、あとで取り戻せますよ。

取り戻しましょうよ。できますよ。ウン。


裸になればいいと思う

物理的に「脱ごう!」という意味じゃなくて(汗)

初日でメンタルを丸裸にされた私ですが、それで良かったんです。

つまらない見栄は、とっとと捨てましょう。恥かきながら学んでけばいいんですよね。

これまで生きてきて辛かったこと、苦い経験、後悔。自分の弱さも、全部出していいと思います。この1ヶ月で、人生の棚卸ししてみましょうよ。だいぶ楽になります。


メンターにぶつかってください

小さなことで動じるような人たちではありませんから、大丈夫です。温かくて、優しくて、器の大きい人たちばかりです。

そもそも大人なんだし、どう受け止めるかは相手次第だから。だから率直に話せばいいと思うんです。


ここは、あなたの「できること」に光を当てる

いなフリは独立や起業を強要してきませんでした。フリーランスもサラリーマンも、結局は手法でしかないから。

求められたのは、自分の人生に向き合うことでした。

自分が心地よく生きてくために、何をすべきなのか。何をしたいのか。

私は参加する前、自分に絶望して毎日泣いてました。(マジ)

けど、今は自分の可能性を感じて、嬉しくて涙が出ます。


hinodeには、愛があった

そう、私はhinodeでやさしさと愛に包まれました。

だからあまり心配せず、とりあえず一歩踏み出してみてください。
何か1つ行動すると、ちょっと自信につながるから。

えらそうにしてきたけど、私もまだまだ不安です。

だから、つかれた時にいすみに行きます。

hinodeやアパートを拠点に、高さんにカウンセリングをお願いしたり、ちょっと作業したり。それもありだなって。

そんな風に長くお付き合いできたら、すてきだな〜と思ってます。


いなフリ・いすみ9期のテーマは「自走する」 。
今この言葉を噛み締めている。


photo by 草葉あゆみ



6 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です