お金について学ぶ。図解メモ『金持ち父さん 貧乏父さん』

こんにちは、たかぎです。

「金持ち父さん貧乏父さんの内容を知りたい。でも時間がないからエッセンスだけでいいし、できたら図解で教えてほしいな〜」

はい、私がイラストでご紹介します。ロバート・キヨサキ著の『金持ち父さん貧乏父さん』は、2000年に出版された世界的ベストセラーです。本の中で、個人的に「これは皆さんにシェアしたい」と思った内容をイラストで紹介しますね。

超個人的!刺さった内容4つを図解します

個人的にヒットした内容が4つあります。本書の要点でもあるので、ぜひご覧ください。

  • 図解① お金持ちと貧乏人のちがい
  • 図解② そもそもお金とは何なのか?
  • 図解③ お金を生み出す方法(不動産を例に)

図解① お金持ちと貧乏人のちがい

お金持ちと貧乏な人には、決定的なちがいがあります。

  • お金持ち=お金のために働かない
  • 貧乏人=お金ために働き続ける

すでにグサグサッ( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

ときませんでしたか…?

もう少し補足すると、お金持ちと貧乏な人には、考え方のベースが決定的に異なります。

お金持ちのベース

  • お金に関する知識がある(税、会計、投資、マーケティング、法律など)
  • これらのお金のインテリジェンスを養い続けている
  • お金を自分のために働かせる方法を熟知している

貧乏人のベース

  • お金のもつ「力」を知らない
  • 財産の基盤が整っていない
  • だから「安全な道」しか選べない
  • 生活のために、今の仕事をするしかない
  • 保守的な人生を送る(チャレンジできない)

つまり、お金に関する教育の不足なんです。

お金がもう少しあれば…と、誰しも願うものではないでしょうか。私も同じです( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

本書では、「まずはお金について学ぼうよ」といいます。スタートはここなんですね。

図解② そもそもお金とは何なのか?

本書では「そもそもお金は存在しない」といいます。

え、マジ?( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

お金=「みんなの合意」

改めて考えると、お金ってなんですかね。

金持ち父さんは、みんなが「コレはお金だね」と合意したものだといいます。コインや紙幣を「お金だ」と思うから、価値が生まれるわけです。

だからお金は実際には存在しないってことになります。

ま…??₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

大切なものは、金より己の頭脳

さらに、金もち父さんは続けます。

お金よりも尊い物がある。それはあなたの頭脳だ。

まったく何もないところからアイディアと、合意だけを武器にお金を生み出すことだってできる。

まとめると、心配するヒマがあるならもっと偉大な富、つまり「教育」や「創造性」を育むことに注力せよ

てわけです。

絶えず新しい知識や経験を学び続ければ、どんな困難にも対応でき、少しずつ豊かになっていく。…はず!!( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

金持ち父さんは警笛を鳴らします。お金さえあれば何でも解決できると思っている人は、この先苦労するだろう。問題を解決するのは、己の「頭脳」なのだから。どれだけたくさん稼げても、そのお金を維持できなければ意味がない。

お金のことばかり心配してる時間があるなら、お金に働いてもらうしくみを作るよう頑張った方がいいだな〜…₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

図解③ お金を生み出す方法(不動産を例に)

では、どうやって何もないところからお金を生み出すのか?

具体的な方法を、本書で紹介している不動産売買を例にイラストにしました。

STEP1
よい物件を探す
10万ドルの物件が、7万5千ドルで売られてた。狙いをつける

STEP2
さっそく不動産へGO!...しない
破産や倒産案件に強い弁護士事務所や、裁判所に直行する。格安で物件をゲットできるから

STETP3
知人から2万ドル借りて、頭金を用意
この小切手を片手に、物件を管理する弁護士や裁判所へ

STEP4
2万ドルで物件ゲット!
と同時に、物件の広告もスタート。元値10万ドルを6万ドルで販売。当然、問い合わせが殺到する。即完売。細かい手続きは、専門会社へ外注し、自分はただ待つだけ

LAST
最終的に、4万ドルを生み出した
売上6万ドル−費用2万ドルちょい(物件2万ドル+外注代2,500ドル+頭金の利子200ドル)=約4万ドル

ちなみに、実働は5時間くらい。

( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )ドヤァ

いや〜

200万で買って、600万で売った結果、400万が手に入る。

小学生の算数なみにシンプルなんだが( ᐢ˙꒳​˙ᐢ ) ゼロから価値を生み出すとは、こういうことなんですね…。

今すぐできる「お金に働いてもらうしくみ作り」

そもそもお金って何なのか?お金持ちと貧乏な人の違いはなんなのか?

ずっと疑問に思っていたことにズバッと答えてくれる一冊でした。

ただ、いきなり不動産とか株ができるわけじゃないし(したいとも思わないし)…

今の自分にできる「お金に働いてもらうしくみ作り」をしなきゃ〜と思います。

一発逆転は期待しない

当たり前ですが、魔法はないので。不動産や株に時間を割くより、本業のライターとイラストのお仕事をがんばる方が健全な気がしてます。

というわけで、地道に資産を増やしてます。

一発逆転なんて夢は見ません₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

30年くらいの長期戦を覚悟し、40代までに3000万、60才で5000万くらい育てたいです。

  • 生活費を極限までおさえる
  • 節税対策(iDeco、小規模企業共済、積立NISAなど)
  • ロボアドバイザーや自動売買

こんな感じで毎月積み上げています。

もし、まとまったお金を育てたいと思った方は、こちらの記事もご覧になってみてください。

イラスト 月収13万だった私が1年で100万貯めた方法と、その先の未来のつくり方

おたがい気長にやりましょう。人生長いんで。

ここまでありがとうございます。

本家。私もこちらを読みました。それなりに分厚いけど、図解もあってわかりやすかったです。

最近、改訂版も出たようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です