【10kgやせた】肥満だったけどダイエット成功。やったことは1つだ。

たかぎ
最大時。63キロ

こんにちは。10キロの脂肪をすぎ捨てたたかぎです。

正直、このダイエットの話は恥ずかしすぎて、誰にも言えませんでした。

でも、誰かの役に立てるなら記事にしたいと思いました。

  • とりあえず肥満から抜け出したい
  • 過激なダイエットはむり
  • できれば運動も少なく

そんな人にオススメです。ではレッツゴー。

どんだけ太ってた? 

BEFORE:左がわたし。体の幅が男性並み…

まず結果からお伝えします。

  • 2017年5月 63キロ
  • 2019年7月 52.8キロ

この2年間で、10キロの減量に成功しました。

たかぎ
AFTER:分かりずらい写真ですみません…。

現在は、体脂肪率は25%、BMIは20、筋肉量は38キロ、体内年齢26歳。

たいへん日本人らしい「中肉中背」になりました。「やや肥満」から「標準」に脱出成功!!やったー!健康リスクがちょっと減ったはず😭 

痩せるためにやったこと

やったことは1つです。

マンガを読んだ

はい、マンガのおかげでやせました。嘘じゃないの…!!!

「師匠」と慕っている方を2名紹介します。

  1. わたなべぽんさん
  2. 細川貂々さん

マンガ① わたなべぽんさん

わたしは基本的にクソ女ですので、まず

自分と似たようなおデブさんの本を探しました。

あまりに美しい人の本なんて、読む気がしませんので…。

そして出会ったのが、わたなべぽんさんです。といっても、最初はダイエット本ではありませんでした。

ちょうど断捨離に目覚めたときで、ミニマリストや捨てる系の本を読み漁ってたんですね。そんな時期にたまたま、ぽんさんの本に出会いました。

おそるべし、観察眼。

デブにありがちな思考や行動をイラストでまとめてくれてます。
ムッチャわかりやすくないですか??

ぽんさんの本が参考になった理由は、その観察眼です。

体重が95キロの時、トイレの便座が割れた」ことから、ダイエットを決意したぽんさん。強烈なエピソードですね…。

独特の観察眼で「スリムな人は長期的視点を持っていて、おデブは目先のことに囚われている」など、面白い分析をされています。

他にも

  • ノートに食事をメモする
  • 理想の自分をイラストにする
  • 目標体重をクリアすると、ごほうび

など参考になるダイエット方法がたくさん載ってます。

ちなみに、私は上記の方法をすべて試しました笑 

この一冊のおかげで10キロ痩せたようなもんなので、かなり効果はありました。

わたしはまずダイエットのモチベーションを沸かせたかったので、ぽんさんの本を何度も読みました。

「スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました」

ぽんさんが言うように、痩せてる人には、痩せてる理由があるんです……。

痩せてる人と友だちになろう急に友だちを作るのは難しいかもしれないので、スリムな人を観察するのがオススメです。

マンガ② 細川貂々(てんてん)さん

この腹肉のエピソード、めっちゃ分かる……..しゃがむのがダルいんですよね。

「腹のぜい肉がじゃまで、体育座りができない」ことにショックを受けて、ダイエットをスタートしたそうです。

強烈なエピソード…。

貂々さんは読者の気持ちの代弁がうまいんです。

「私は太らない、って思ってた」

「でも太っていることを見ないフリ、聞こえないフリしてきた」

私もなぜか「まだ大丈夫」ってどこかで思ってました。その根拠のない自信はどこから……?

細川貂々さんの旦那さんは「ツレがうつになりまして。」で有名なんですが、彼も協力しながら二人で痩せていくストーリーが微笑ましいです。

イラストはシンプルだけど、時にズバッと刺さる言葉もあるので、こちらもダイエットのモチベーションをあげるにはすごくオススメの一冊です。

「本当はずっとヤセたくて。」

少しずつできることを増やした

最初は無理しないほうがいいですよ。

無理すると、けっきょく挫折してリバウンドするんで。

私もまずは食事の記録からはじめて、2〜3キロ減ってテンション上がってきてからスポーツとか本格的なレコーディングダイエットをやりました。

  1. 親近感のわくおデブさんのマンガを読む
  2. テンションをあげる
  3. スリムな人に近づく・観察する
  4. 体重計に乗る習慣
  5. 食事記録の習慣
  6. やれそうなスポーツをやる

ざっとこんな感じでしょうか。

お金かからない方法を選んでました。

お金はかけなくていいです

短期で痩せたいなら、トレーナーつけてジムに通うのもいいと思います。ただ私は、まずはお金をかけない方法を試すのが良いかなと思っています。気楽にできるので。

たとえば、「あすけん」という無料のダイエットアプリ。

何を食べたかをポチポチ選ぶだけで、カロリー計算ができ、AIのお姉さんからアドバイスがもらえます。体重が減ってくると「がんばってるね!」みたいな声かけもあります。地味にうれしい…..。300円課金すれば、食事の写真を自動解析してくれる機能もあります。たぶん検索するとすぐ出てきますよ。

体重が2〜3キロ減ってくると嬉しくて、「もっと痩せたい」って思うもの。だから私も徐々にスポーツをはじめました。最初は朝のウォーキングで、だんだんハマってマラソン大会に出場したり、現在はヨガに目覚め、毎日やるという変わりっぷりですw

ダイエットを始めたばかりにスポーツをやるのは大変なので、少しずつで良いと思います。

1ミリ行動する

振り返ってみると、ずっと太っている自分が嫌いで、リスクも感じていました。一番苦しかったのは、「肥満から抜け出す方法が分からない」こと。

太る→運動したくない→動かないこの負のループから抜け出すのってかなりキツイんですよね。

でもどこかで負を断ち切らなきゃいけない。だから1ミリでもできることを始めました。

この記事の中で何か1つでも参考になれば、ぜひ試してみてくださいね。

2 COMMENTS

習慣化の鬼と呼ばれる私の1日の過ごし方【ダイエット・生活改善】 | たかぎ亭 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です