【本気で人生を変える6週間】やってみたらマジで人生変わった(手順を解説)

こんにちは!たかぎです。

今日は「6週間のライフチェンジプログラム」を紹介します。

名前はちょっと怪しいけれど、カリフォルニア大学の研究で効果が認められています。私もやってみたらマジで人生が好転したので、みなさんにも紹介したいと思いました。

本気でやると1日5時間です。

だから覚悟がいるけど、「今度こそ自分を変えたい」方は、ぜひぜひ。

参考 【本気で人生を変える】カリフォルニア大学式6週間人生改造プログラム【徹底解説】ニコニコ動画

※実はメンタリストDaigoさんの「弟子」です。動画の内容が有益すぎてブログの記事にしました。本日の内容も、動画を元に自分なりにまとめました。

6週間やってみた変化

まず、変化をまとめます。2019年6月〜7月に実践

  • 体がひきしまった (体重54kg→52.4 kg。1.5kg減)
  • スポーツの習慣がついた
  • メンタルの浮き沈みが減った
  • チャレンジする人生に変わった

ちょっとしょぼく見えるかもですが…。それでも以前よりも自己肯定感も増し、生きやすさを感じてます。それは大きな成果かなと|・ω・`)

【図解】5つのプログラム

このプログラムは5つの要素から成り立ってます。

つまり、食事、睡眠、運動、瞑想、学習です。図にするとこんなかんじ↓

1つずつ解説しますね。

①食事のポイント

  • 加工食品は一切やめる
  • 自然のものだけ食べる
  • お酒は一日一杯まで(呑まないのがベスト)
  • 炭水化物は運動した後だけ

加工食品は一切口にしない

はい、一切食べないでください。

加工食品とは、お菓子やスナック、パンなどですね。

加工品はね...
作る過程で、油や砂糖など調味料が加わるからどうしてもハイカロリーだし、メンタルに悪影響を与えるのでは?という見方もあるんです。そこで体と心の変化を見るために、加工品を食べない。これが理由だそうです。

自然のものだけ食べる

一方で、加工してない食材とは? 自然のそのままの形をした食材で、フルーツやお米、刺身などですね。

MEMO
和食や、地中海の料理もおすすめ。なぜなら、素材を生かした料理が多いので。ヘルシーな和食を食べる日本人に生まれたってことは案外ラッキーなのかもですね。

②睡眠のポイント

  • 毎日、8〜10時間かならず寝る
  • 10時間の枠を作っておくと便利

1日8〜10時間の睡眠をとりましょう。

1日8時間はゼッタイに寝る。

「そんなに寝てられない!」と思うかもですが、「●時間〜●時間までは寝る」って10時間の枠を先に確保しておくことがポイント。仕事の生産性や判断力をアップさせるにはとても大切なので、ちゃんと取りましょうね。

③運動のポイント

  • 朝に1時間のストレッチ
  • 週6日、1.5時間スポーツする

毎日スポーツってちょっとハードル高く感じますよね…。

でも、具体的には

  1. 朝1時間ストレッチ(バランストレーニングもOK)
  2. 週3回は激しい運動(筋トレ、 HIITなど1h)
  3. 週3回はゆったりとした運動(ヨガなど1h)
  4. 週一回は休む日を作る

なぜ運動するか?

それは、自分の呼吸や体に意識を向けるため。今の自分の状態を知ることや、実際に動くことで前向きになってくんですね。はじめは私も「やだな…」と思ってたけど、やってみると気持ちいいですよ。

④瞑想のポイント

  • 特定の信仰があれば、祈る
  • なければ毎日1時間、瞑想する

瞑想のやり方は簡単で、基本は目をつむり、姿勢を正して呼吸を感じるだけ。

詳しくはググると出てきますよ。 私は歩行瞑想をやってました。

⑤学習のポイント

  • 毎日1時間、インプットする
  • 健康や栄養学、マインドフルネスなど
  • 読書に限らず、動画を聞いたり見たりするのもOK

内容は、健康に関することです。

運動や睡眠、マインドフルネス、ストレスのコントロールなどなど。動画や YouTube で見るのもオッケー。

つまり、この6週間で自分が身につけようとしている健康に関する知識を学ぶのがポイント。(これ認知行動療法からヒントを得ているそう)

一日の時間の使い方

「1日5時間なんて、忙しくて出来ない」と感じる人もいますよね。

そこで6週間やりぬいた私の一日を紹介します。

一日にやることは4つに絞る

かなりシンプルな生活になりました笑

  1. 睡眠:8〜9時間
  2. プログラム:5時間
  3. 仕事:6〜7時間
  4. 食事、家事:3時間

このプログラムに人生捧げる勢いだったんで。

5時間の内訳

イラスト
  • 朝に2時間:ストレッチ1h、運動1h(ヨガ30、走る30)
  • 昼に1時間:運動30分(ヨガ)、学習30分(お昼食べながら)
  • 夕方2時間:学習1h、瞑想1h

見てわかる通り、自由時間はほぼ皆無です笑

でもこれなら6週間続けられました。

人によって変わると思うので、ぜひアレンジしてくださいませ。参考になったら嬉しいです。

続けるコツ4つ

  1. 毎日コンボでやる
  2. 短いバージョンも用意しとく
  3. 週1日はお休み
  4. 休日からスタートする

コツ① 毎日コンボでやる

本当にハードですが、毎日コンボで続けることで効果が期待できるそうです。複数のプログラムを 同時にやることで一気に変わるんだとか。

つまり「全部やれ」って話です( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

コツ② 短いバージョンも用意しとく

とはいえね、人間ですから。どーしても5時間できない日もありますよ!出張とかデートとか、色々ありますよね。

そんな時は、短いバージョンがあると続けやすいです

たとえばこんなふうに3パターン作っておきましょう。

  • MAX バージョン:朝2h、昼1h、夜2h=5h
  • ミドルバージョン:朝1h、昼0.5h、夜1h=2.5h
  • ミニマムバージョン:朝0.5h、昼0.5h、夜0.5h=1.5h

(h=時間)

2.5時間くらいなら、なんとか捻出できそうじゃないですか??

とにかく毎日続けることが大切なので、 短時間になっても6週間つきぬけましょう。

コツ③ 週1日はお休み

このプログラムは一週間に1日はお休みを設けています。

たとえば、仕事はじめの月曜日をお休みにしてしまう。月曜はなにかと忙しい人には、月曜休みがおすすめです。

ちなみに私は休日は設けませんでした。なんか、休むと永久にやらなそうな気がして…( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

コツ④ 休日からスタートする

日曜日から始めるのをおすすめします。なぜなら、余裕があるからです笑

忙しない平日にムリして始める必要ないです。余裕のある休日に、トライしてみましょう。

まとめ:チャレンジする人生に変わった

この6週間のプログラムで最大の成果は、前よりチャレンジする性格に変わったことです。

例えば、

  • 引っ越した  
  • メルカリやってみる
  • 海外の人と英語で仕事
  • ブログで1円稼ぐ

どれもこれも些細なことだけど、自分はずっとやりたかった。それが実現でき、なんとも充実した気持ちなんです。

もしこの記事を見てる方で、

「ずっとやりたいことがあるんだけど、なかなかできてない」「来年こそはチャレンジしたい!」と思うことがあれば、是非このプログラムを実践してみてください。

どんどんチャレンジできる人生に変わると思います。とはいえ、私もまだまだダメなので、お互いほどよく頑張りましょう〜

より具体的に知りたい方へ!

非公開: 【ヨガ】初心者でも一人でも。ヨガの習慣を身につける方法を紹介

「1.5時間もスポーツやれないよ…」って方は、ヨガをおすすめしたいです。

私もこのプログラムを始めると同時に、初めてヨガをやりました。気持ちよすぎて、半年たった今も毎日欠かさずやってます笑。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE