思い出を捨てられなかった、過去の自分にいいたいこと。

こんにちは。しおりです。

なかなか捨てられないタイプです。

特に「思い出」が捨てられません。手紙とか10年くらい捨てられずにいた人です。

でも、ある時をピークに「捨て」に目覚め、そこからは黙々と捨てまくる人間に変わりました。

捨てられない人間だった

思い出の品に囲まれ、ご満悦のわたし。

これは東京で一人暮らししてた部屋。

今眺めてみると「なんでこんなに物に執着してたんだろう」と不思議です……。

左側の棚とか、ほぼ「お思い出の棚」です。

思い出のチケット、アクセサリー、ノート、テキスト。友だちからもらったお手紙とか、大切に箱にしまってた。

当時は、「これは棺桶まで持って行こう」と思ってましたた。

上京するとき、不安だからお守りみたいに持っていった。

これは今の部屋。

捨て切ったので、クローゼットに収まりました。ベットも手放し、毎日ふとんをしく生活。

空き家で、大量の家財を処分した

「捨て」に目覚めたのは、空き家に住んだことがきっかけ。

2014年〜今年の6月まで、大きな空き家住んでました。そこで、大量の家財に向き合うことに。

しかも、自分の物ではなく、人様の物。これを捨てまくりました

なぜ、他人の物を捨てたのか?

というと、この物件、かなり格安の家賃で住まわせてもらっていたからです。

この大家さん、とても優しいんです。「移住してきた小娘(当時)に家を貸して」という頼みを快諾してくれました。

「家にあるものは使いたかったら使ってね。いらない物は捨てていいから

その言葉に感動するわたし。

「そこまで親切な人、この世にいる!?」

「安く住めるし、家にあるものを使ってもいいなんて……なんて素晴らしい人たち!!家財の整理くらい、やりますよおおお」と張り切りました。

しかし、いざ家に入ってみて愕然としました。

けっこう残ってる……。

いす、ソファ、学習机、ベッドなどの大型家具。家具ってまだいいんです。業者さんにお願いすれば一気に片付くので。でも、細か〜いもの、未開封の電気、シーツ、洗剤、文房具などなど。地味に辛い。

中でも一番頭を悩ませたのは、思い出の品々

お人形やアルバム、観光したときに買ったであろうご当地の品々。

「捨てていい」と言われても、いざ目の前にすると、手が止まる。まして人様のもの……。捨てる前に、連絡をして、確認を取るようにしてました。

思い出が、一番捨てられない

自分も捨てられない人間だった。

だから、捨てられない人のことを悪く言うつもりは、ありません。

ただ、一人で対処しきれる量ではありませんでした。

結局、まわりの人にお願いして手伝ってもらいました。そして捨てまくりました。(軽くトラック10台分は捨てた。ほんとに)

そのとき、腹の底から思いました。

「物って便利だけど、人を苦しませることもできるんだな」と。

そして一番捨てるのが難しいのは、思い出なんだな、と。

その思い出は、誰の役に立ってる?

借りてた空き家は、最終的にこれだけサッパリしました。大家さんも「きれいにしてくれて、本当にありがとう」と言ってくれました。最後まで優しい人……。

あるていど「捨て切る」と、「停滞期」みたいな時期がきます。

「これは使うし。大切だし。もう捨てるものないな!」と。

でも「思い出」の品は残っていたりする。

「チリも積もれば〜」で、過去のわたしは思い出が捨てられず、結果たくさんの物に囲まれました。最終的には、思い出で身動き取れなくなった

そんな過去の自分に、伝えたいことは1つ。

そんなに大切なら、捨てなくてもいいよ。

ただし、その思い出はだれかの役に立ってる?

思い出に浸りたいときもあるよね。だけど、それが今そこにいる人のスペースを奪ってないか。誰かの自由を奪ってないか。

そんなことを、少しでいいから考えてみてほしい。

思い出はハートにとっとけ

今はわりと思い出の品物も、捨てるようになりました。

お手紙、年賀状、写真、プレゼント。

うん、捨てますね……。

やっぱり思い出は、心に刻みつけるものだと思う。

そうすればいつでも引き出し可能。物に頼らないと思い出せない思い出なら、その程度ってことで。

そう思って、今日も何か捨てられないか、ウロウロ家をパトロってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です