【2020年版】チェンマイで最強のコワーキングスペース『TCDC』の利用方法を解説します

こんにちは、タイにいるしおりです。

ノマドワーカー

チェンマイで落ちついて作業できる場所はないかな〜? 静かで広いところがいい…

それならぜひ『TCDC』へ足を運んでみてください。たった600バーツで、最高の空間で1年間使い放題できるんです…!

初めて『TCDCチェンマイ』にいく人にも分かりやすく解説していきますね。

『TCDC』 とは

タイ国営のデザインセンターです。

正確には図書館・美術館なんだそうです。

概要

  • 名称:Thailand Creative & Design Center Chiang Mai
  • 営業時間:10:30〜21:00
  • 住所:1/1 Muang Samut Rd, Chang Moi Sub-district, อำเภอ เมืองเชียงใหม่ Chiang Mai 50300
  • 公式サイト:https://web.tcdc.or.th/th/aboutus

TCDCチェンマイが最強な理由5つ 

  • ① 破格すぎて泣ける
  • ② 静かで広いスペース → 1日集中できる
  • ③ Wi-Fi使い放題
  • ④ 夜9時までオープン
  • ⑤ デザイン関係の書籍たくさん

① 破格すぎて泣ける

TCDCは国が運営するデザインセンターなので、お値段もかなりお安い。

「1年間利用」を断然おすすめします。

  • 1日利用 100バーツ(約370円)
  • 1年利用  600バーツ(約2200円)

破格すぎる…₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

2000円ちょいで1年間使い放題…。

こんな安いコワーキングスペース、日本じゃ見つからない…。

心より年間パスポートをおすすめします。チェンマイで我城をゲットしましょう。

② 静かで広いスペース → 1日集中できる

とにかく広いのです…!

10人がけテーブルが7つくらい。

デスクは70席くらいですね。

おしゃべりOKの部屋は20〜30席。スカイプしてる人多し。

ソファー席もあり。まったり本を読む人もいます。

メディアルームや会議室も借りられます。打ち合わせしてる人もいましたよ。

中庭もあるので、疲れたら休憩もできます。これがうれしい…!!₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

1Fには小さなカフェもあるので、お茶してる人たちもいました。

ここはもう、1日ガッツリ作業する場所ですね。

③ Wi-Fi使い放題

いわずもがな Wi-Fiは使い放題。タイは本当にWi-Fiに困らないです。

ただスピードテストしたら「爆速」ってほどではなかったので、後述します。

④ 夜9時までオープン

10:30〜21:00オープンです。夜型までゴリゴリ作業する方には嬉しいかと。ちなみに、定休日は月曜のみ。これで月曜以外は朝から晩まで仕事できるぞ〜.₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

⑤ デザイン関係の書籍たくさん

世界の片隅にいるイラストレーターとしてはここはアゲなポイント。デザイン関係の方は楽しメめると思いますよ。仕事に疲れたときは、気分転換にもなりますし。

TCDCチェンマイの注意点4つ

ほぼ完璧な場所ですが、ちょっと注意点あります。

  • ① ちょっと遠い郊外にある
  • ② Wi-Fiスピードは普通
  • ③ わりと混む
  • ④ 寒すぎる

① ちょっと遠い

TCDCチェンマイは、郊外にあるのがちょっと残念です。

  • 旧市街から10分
  • ニマンヘミンから15分

これくらいの距離感です。

そこで『グラブバイク』を使いましょう。

>> 使ってみた感想はこちら (レポート記事に飛びます)

『グラブ(Grab)』は東南アジアで使える配車サービス。スマホさえあれば、2〜3分でバイクが来て目的地に連れて行ってくれます。

【参考】ニマンヘミンからTCDCまで片道60バーツ(200円ちょい)でした。

② Wi-Fiスピードは普通

ためしにスピードテストしてみました。

基本的な動作は問題ないけど、大きいデータを扱う人にはどうだろう…。その辺はご自身で判断をお願いします。

試しに、『AIS』というWi-Fiサービスの方が早かったです。

『AIS』とは日本のDocomoみたいな存在。タイでこのAISのSIMカードを購入すると、街中どこでもWi-Fi使えます。神₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

③ わりと混む

この写真は昼1時ごろのようす。ほぼ満席でした。地元の学生と外国人のノマドワーカー。

1年前の情報なら「わりと空いてる」だけど、口コミでじわじわ利用者は増えてるようです。私もそうだし、やっぱここいいよね…。

④ 寒すぎる

タイあるあるですが、冷房が効きすぎてもはや冬です。外は夏なのに…。

どんな暑がりさんでも、上着1枚必ず持っていきましょう。

ちなみに私は寒すぎて冬服で行きました。ユニクロのウルトラライトダウンは夏も使えるアイテムだ….₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

注意点はあるけど、1日がっつり集中できる空間は貴重です。TCDCのためなら毎日通勤する価値アリです。

利用登録は3ステップ

では、TCDCをどうやって使うか解説します。

  1. アプリで登録(住所と電話番号必須) 
  2. 支払い (クレカOK)
  3. QRコードをかざしてIN

※年間パスポートのとり方を紹介します。

① アプリで登録 

まずは2Fの受付に行きます。スタッフに「年間パスポート or ドロップイン(1日利用)」の希望を伝えましょう。

そこでQRコードを読みとって個人情報を打ち込んでいきます。

ここで必要なものは3つ。パスポート・住所・電話番号です。「え、住所ってどうしよう」と思った方、大丈夫です。

  • 住所:ホテルやアパートでもOK
  • 電話番号:日本のものでもちろんOK

このチェックはかなりゆるかったです。

外国人にやさしい国ですね…₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

② 支払い (クレカOK)

クレジットカードも使えるし、キャッシュでも問題ありません。

  • 1日利用 10バーツ
  • 年間利用 600バーツ

とりあえず1日だけなら60バーツ(約200円)です。

ここを城にすると決めたら 600バーツ(約2200円)を払いましょう。

③ QRコードをかざしてIN

支払いが済んだら、スタッフが何やら登録してくれます。そわそわして待ちましょう。と言っても、数分で「できたよ〜」と呼ばれ、施設の使い方をレクチャーしてくれます。

こんな感じで自分専用のQRコードをゲットします。

それをゲートでかざして入場!

あとは好きに過ごしましょう〜。

ちなみに、やり取りはすべて英語です。スタッフは英語が話せますし、分からない時は親切に教えてくれました。簡単な単語がわかれば問題ないっす。困ったらGoogleトランスレート使おう₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

まとめ:『TCDC』を我が城とする

きれいな施設に、破格の値段設定。これだけで号泣なのに、登録方法もスマートでとにかく感動しました。

スタッフのお兄ちゃんがめちゃくちゃ親切だったのも嬉しい…。

6回以上行くなら、年間パスポートが断然オトクですがとりあえず1日行ってみてから判断するのも全然いと思います。お好みを選んでくださいね。

私はTCDCを城にします。仕事する拠点もできて、だいぶ落ち着きました。

では、素敵なチェンマイライフを〜

おまけ

TCDCの趣旨がアツいのです…。

MISSION

1 To provide the public learning system for creation of Thai intellects.

2 To build a fresh and up-to-date resource center rich with the creative knowledge.

3 To create knowledge development innovation favourable for the improvement of Thai economy and quality of life.

4 To promote the network of development and driving forward different genres of knowledge.

https://web.tcdc.or.th/en/Aboutus/

私の拙い和訳によると、「社会と文化をつくるにはデザイン知識は必須だから、若者たちここで頑張ってクリエイティブ発揮してね」といった感じでしょうか。

地元の学生が黙々と勉強する姿を見ると、胸があつくなります。

この空間にいると、私もちょっと身が引き締まる思いです₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です