【一ヶ月のお試し生活】費用のまとめ・感想など。次はタイで一人暮らししたいです

タイで一ヶ月お試し生活をしてました。しおりです。

出発前の自分

「わりと本気で、タイに住みたい。でも本当にできるかな…?

帰国後の今、

「全然イケるよ。ただし工夫はしないとね」

と言ってあげたいです。

そこで、一ヶ月の生活費を報告しつつ、振り返ります。また、今後のタイでの一人暮らし計画中なので、感想などまとめますね

海外ノマドやタイに興味がある方の参考になったら嬉しいです!

たった8万で、こんな幸せでいいの?

まず、生活費の報告しちゃいますね。

  1. 家賃 3万
  2. 水光熱費 728円 
  3. Wi-Fi 1800円
  4. カフェ 6千円
  5. 食費 1.6万
  6. 移動費 1.2万
  7. ほか 1.6万

合計8万でした。航空券を入れたら、12万くらいです。

ん、東京の一人暮らしより安いぞ…??

日本の月8万と、タイの月8万は豊かさが違う

強調したいのは「安さ」よりコスパのよさです。

節約しすぎず、特にガマンしないでこの生活費だったからです。

  • 毎日タクシー出勤
  • 掃除はお任せ
  • オーガニック食品もりもり食べた
  • Wi-Fi使い放題(爆速)

特にひもじい思いはしてない。

つまり、ケチケチしない8万なんです。「こんなに穏やかな暮らしが、8万で手に入れちゃっていいの…?」幸せすぎて混乱する。

マリッジブルーってこんな感じ?₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

もっと節約できる。でもやらない

「タイは月5万でもイケる!」って方もいるし、私も一ヶ月生活してみて同意です。でも、私はこれ以上節約しないし、皆さんにもあまりオススメしません。

たとえば、1〜2万の安いアパートに即日入居もできます。でも、

  • なんでも自分でやらなきゃいけない
  • 清潔でない環境もある(特に水回り)
  • セキュリティ面で不安がある(貴重品管理、自己防衛に気を使う)

激安の宿はベットのシーツを自分で調達したり、汚れてても掃除は自分でって事もあるそうです。だから安いんだよね。

その節約に意味はある?

確かに5万あれば死なないだろう。でも、

落ち着いて過ごせるか?

きっちり仕事ができる環境か?

その節約に、意味はあるのか?

節約のために仕事の時間が削れられたら意味ないし、安さに目がくらんではいかんよなあと。無意味なストレスはムダです。

ちなみに
私は「サービスアパートメント」という、賃貸とホテルが合体したような場所に泊まってました。安い宿はいくらでもあるけど、正直、日本人は6000バーツ(2万ちょい)くらいの物件でないと快適には過ごせないのかな〜と。アパートじゃなくても、一泊1000円以上の方が過ごしやすいと思う₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎ もちろん激安宿を試したいなら止めません。一泊300円とかある。
Baan Thai外観 心からおすすめしたいチェンマイのアパート「Baan Thai」をレポートします【快適すぎ】

一人暮らしは、日本じゃなくてもいいんじゃない?

最後に、一ヶ月のお試し生活してみての感想を紹介させてください。

結論、私はタイで過ごそうと思います。冬だけなのか、一年の半分なのか、まだ決めてないけれど…。

私は今、実家暮らしをしてます。

  • ペットと住める(猫を飼っています)
  • 生活費が抑えられるので貯金しやすい
  • 母の飯がうまい

この3つの理由で、居候させてもらってます。マジでいい環境です。

正直、このまま実家にいたらラク。でも「ずっと同じではいられないよな」って気持ちもあります。「大人になったら一人暮らししなきゃ」って思ってるからですかね。

なんとなく「日本にいなきゃ」と思ってた

加えて、なぜか「日本にいないとマズイ」とも感じてたんです。

  • 日本にいた方が仕事しやすい?
  • クライアントさんも日本在住の方が頼みやすいのでは?
  • 病気や怪我をしたら海外の病院は怖い…

などなど。

「海外移住はリスクが大きいのでは?なんとなく怖い…」と思ってた。

タイが不安を溶かしてくれた

この「なんとなく怖い」を具体的にしなきゃ、と思って一ヶ月のお試し生活を試みました。

そして念願のタイに到着したら、

「あ、できそう」と思いました。私でも暮らせそうだと。根拠はゼロ₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

そして暮らしていくうちに「できそう」と思える根拠が見つかって、どんどんタイが好きになりました。

到着後のじぶん

こんなに素晴らしい国があったんだ…

特にチェンマイは、もはや第二の故郷というか、愛しい存在です。

不安なら、間(あいだ)をとってみる

だからって「移住しよう」とまで決断する勇気もなく…。

でも、一人暮らしは日本にこだわらなくていいかな、と思ってます。というかほぼ100%タイに戻ると思う…。

生活費の安さが最大の魅力だけど、タイの心が穏やかでいられる空気が、帰国した今とても恋しいです。

ちょっとキモイですが、タイの街が「もう少し肩の力を抜いてみたら」と言ってくれてる感じなんです。勘違いかな…?₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

そんなわけで一年の半分をタイ、半分を日本で過ごしたいなと。そのために、海外でもできる仕事や、クライアントさんとの信頼関係を大切にせねばな、と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です