何かをきらいなままで、私たちは幸せになってもいいと思う。

わたしは自分が育った場所を、なかなか好きになる事ができませんでした。

だから

「オレ / わたし、地元が好き」

って人と話すと、しんどくなる。

地元を好きになれない自分がダメなやつに思えてなりません。

どのくらい嫌いかというと…

どれほど地元が苦手かというと…

土地をまるごと吹き飛ばす夢

を見るほど嫌いでした

( ᐢ˙꒳​˙ᐢ ) チュドーン

夢の中で嬉々として町の破壊活動に勤しんでいました…。実際にはそんなことできませんけどね!

でも、それくらいずっと馴染むことができない環境でした。

全部、この土地のせいだ

小・中学校のときにいじめにあったり、土地柄(なんか湿っぽい気質の地域なんです)が好きになれず、着々と土地への恨みを募らせていきます(笑

勉強もできない、スポーツも苦手だ。

同級生と仲良くできない。

それは全てこの土地のせいだ…

とにかく卒業式が待ち遠しくて

「早く学校終わらないかなあ」

とか

「ここではないどこかへ抜け出したい…」と考えてました。

完全に中二病…( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

離れることで、人生が拓けた。

バングラデシュ。大学3年くらい

そんなねじれてまくっていた感情(笑)は、上京と共に薄れていきます。

って言うのも、海外にいく楽しさを教えてもらったからです。

  • アルバイトや自分の貯金を使って、よく調べれば、どこにでも行ける。
  • 「地元がきらい」なら、自分が出て行けばいい。
  • 広い世界を見る喜びは、何にも代えがたい

書き出してみると、自分も人並みに青春してたのだな…( ˘ω˘ ) ス…と思います。

「嫌いって感情は、よくないもの」と思ってたけど、意外と使えるものでした。

「きらい」が、自分が望む環境を手に入れるエネルギー源になり、おのれの世界を広げるきっかけになったんですね。

何かをきらいなままでも、幸せになってもいい

「地元が嫌いでしかたない」って人は、無理に好きにならなくてもいいと思う。

どうしても嫌なとき、きらいなものから距離をとってみる。

わたしは上京したての頃、家も学校も友だちも環境がすべて変わったことが、とにかく新鮮で。毎日が冒険で、ワクワクしていました。

その時、長年思い続けてきた「こんな町は消えてなくなればいい」って感情から、やっと解放された気がしたんです。完全に、ではないけど。

だから苦手なものと一旦距離を取るのは、かなりいい方法かと思うんです。

嫌いなままでいいから、今は自分が好きだと思う方にのめり込んじゃってみましょう。

そうしていろんな世界を見るうちに、

わたしたちは自分なりの幸せにたどり着くんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です