漫画家・わたなベぽんさんのおかげで片付いたもの【部屋・脂肪・トラウマ】

イラスト

漫画家の「わたなべぽんさん」の作品を愛しています。心から。気づけば、

たかぎ

「ワシ、ぽんさんに 人生変えてもらてる…」

今日は「ぽんさん」の数ある作品の中から、わたしの人生を片付けてくれた3冊を紹介します〜!

わたなベぽんさんの魅力とは

わたなべぽんさんの魅力は、「過去を見つめ直す力」だと思います。

一見すると、ネガティブに見える経験も「だからこそ今がある」と前向きに捉えているところがいつも素敵なんですよね。たとえば、

  • 片付けが苦手 → 物で弱さを補おうとする自分を認めた
  • ダイエットでリバウンドを繰り返す → 生活習慣や思考から見直す
  • 家族との辛い経験 → 向き合って少しずつ乗り越えていく

作品を追うごとに、ぽんさん自身が人生に向き合い、前進しているのを感じます。だからこちらもエネルギーをもらう感じなんですね。

漫画で私はどう変わったのか?

大きな変化が3つありました。

  1. 部屋が片付いた
  2. 10kg痩せた
  3. トラウマの捉え方が変わった

部屋が片付いた

わたしも物が捨てられないタイプです。

だから、片付けにくじけそうになってた時…この漫画でエネルギー補充してました(笑

「”持ってるだけで安心するもの”であふれ返っているこの部屋はまるでダメな自分を守るための鎧のように思えたのでした」

この一言はドスドス刺さりました…。

この本を手に取った当時、広い古民家に住んでたので、無尽蔵に物を増やました。そうして「安心」を補強してたんですよね。

でも、ぽんさんに習って物を減らすうちに「物が少なくても元気に暮らせる」とわかって、「物で自信を補強するのやーめよ!」て思えました。

古民家一軒をそうじした全記録はこちら! いや〜、トラック10台分くらい捨てました。

>>> わたしの古民家暮らし全録【5年間】学んだこと・感想など

10kg痩せた

かつて、ぽんさんは体重95kgでした。身長も高いけど、なかなかのサイズです。

どうしたら痩せられるか?検討した結果、あることに気づきます。

スリム美人は生活そのものが美人で、おデブはおデブらしい生活をしてる

ちょ、ま(笑 

言葉選んで…(笑

でもここからが鋭いんです。

スリム美人と同じ生活をすれば、私も自動的にスリム美人になれるのでは?!

そ、そうだね…!

この漫画を読みながら膝を打って納得しました。

この発見からぽんさんは、すべての行動基準を「これはスリムな人っぽいか?」に変換。結果、30kgの減量に成功します。

この「スリムな人に近づく作戦」は理にかなってるな〜と思います。わたしもこの漫画をきっかけに10kg痩せましたが、意識的にスリムな人に近づいたら(仕事でもプライベートでも)確かにスリムな人の生活習慣が自分にインストールされるんです。やっぱ漫画家さんは観察が鋭いですね。

おデブなたかぎが10kg痩せた軌跡はこちらw

>>> 【10kgやせた】肥満だったけどダイエット成功。やったことは1つだ。

トラウマの捉え方が変わった

「つらかったことまで、他人と比較しなくていい」

本作のこの一言で、涙が溢れてきました。

昔働いてた、職場を思い出したんですよね。

当時の自分は助けを求められなくて、うつ三歩手前でした(それくらい追い詰めてられていた)でも、「周りのみんなもがんばってる。自分だけ根をあげるわけにはいかない」と、さらに無茶をします。結果、退職することに。

この体験が自分の中ではトラウマになってあとを引きずってたんです。

でも、ぽんさんの漫画で「つらかったことまで周りと比べなくていいよ」と、そっと声をかけてもらった気がして。

ただ「トラウマ」と思うより「あの経験があったから今がある」と、少し前向きに考えるようになりました。

詳しくはこちらの記事です。

こんな記事が書けたのも、ぽんさんのおかげだな〜と思ってます。

>>> NPO業界つらくて逃げ出したけど、おかげさまで元気に暮らしてます

メモ
ぽんさんも過去にお母さんとの関係で悩んだそうで。

「思い出すの辛かっただろうな〜…!」と思うほど(かなり強烈な体験を綴ってます)。よくぞ描いてくださいました、と伝えたい。この漫画で救われた人はきっと多いはず…!

漫画が変わるきっかけをくれる

よく考えたら、ぽんさんに人生の棚卸しをしてもらった感じなんです。なにせ、家と脂肪とトラウマが片付いてるので(笑 

ぽんさんの新作が出るたびに「次はどんな変化をしてるんだろう?」彼女の進化が気になります。

と同時に、「わたしも一緒に変わりたい…!」とポジティブなパワーをもらいます。

そんな感覚が、みなさんにも伝わったら嬉しいです。

(ぽんさんは女性の読者からの支持が厚いけど、男性もきっと楽しめると思う)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です