校了まで3日間…笑【西谷さとう農園さん】制作事例

チラシ

「仕事の依頼が来た〜!」と思ったら、校了(完成)まで日数がごくわずか。

そんな経験があるデザイナーさんは多いのでは……。

世界の片隅でイラストレーターをしている私にも、最近そんなお仕事が飛び込んできました(笑)校了までわずか3〜4日。それでもお客さんを巻き込んで何とか完成、チラシはちゃんと効果を発揮しています。

そこで完成までの怒涛の3日間を紹介します。

デザインをご所望のみなさん、ご利用は計画的にね〜∠( ᷇࿀ ᷆ )

あと3〜4日で完成させねば…!!

依頼主の佐藤さんは、福島県で40年もオーガニック野菜を栽培してる方です。控えめに言って超ベテラン。そして、苗の販売もされてます。この苗が強くて丈夫なんでリピーター多いんですよ〜。

「西谷さとう農園さん」>>> 外部サイトに飛びます

そのPR用のチラシがですね、必要でして。

佐藤さん

「いや〜時間なくて悪いんだけど、4月25日までに納品してくれる?」

たかぎ

「はい!喜んで(でも時間が限られてるな……」

なぜなら今日は4月14日。割とキチキチです。

「なんで?25ひく14で、11日もあるじゃんよ」と想う人もいるでしょう。

25 ー 14 = 11

はい、その通りです。

プロのデザイナーさんならチョロい日数かもしれませんね。しかし、チラシや紙媒体の印刷・郵送に、1週間は確保したいんですよね。

つまり、正しい算数はこうです。

25ひく(7+14)=4

残りは4ですね。つまり、あと4日で完成させねばならんのです。余裕を持つためには、あと1日短くしたい。

ならば、3日で校了せんと…!!

( ᐢ˙꒳ ˙ᐢ )カーン 

試合スタートの合図

「決め打ち」でいかせていただく

3日なんで、ある程度は決め打ちで提案します。

時間がない中で、お客さんが「選ぶストレス」も極力減らしたいんです。

お客さんにもがんばってもらう

つまり、スケジュール感を理解してもらうことです。

「あと3日で完成させます」「これが最終チェックです」こういう声かけは当然やりますが、お客さんにも「スケジュール守らんかったら、商品届きませんよ」ってことを理解してもらう必要があるんですよね。

(いじめたい訳ではない)

すると、一緒にゴールまで駆け抜けることができるんで大分スムーズに進みますね。

チラシを見て、となり町からもお客さんが!

で、肝心のチラシ効果は?

「作ってもらったチラシの効果は抜群で売れ行きは順調で、なくなってしまう苗も続出です。来年はとなり町への新聞折込を500増やそうかなと思ってます」

よ、よかった〜!!

となり町からのお客さん、意外なところに需要があるものですね。

あとは、「来年は地図で迷う人もいたから、微調整していきましょう」とか改善点を確認したり。

ここら辺でやっとフーッと息ができます( ˘ω˘ ; )

時間なくても、協力すれば何とかなる

校了までわずか3日。それでも無事にチラシが完成、売行きも好調です。いや〜よかった!

佐藤さん(お客さん)がスケジュール感を分かってくれていたおかげで、

「あと3日で完成させる!」という共通認識のもと、ゴールまで突き進むことができました。こうなると、時間がなくても何とかなるもんです。

ただブツを作ってればいいわけじゃないんですね。お客さんとゴールにたどり着くまでの道筋も、ちゃんとデザインするのが役目なんだなと。

そう思えば、どんなお仕事も前向きにできそうな気がします。はい。

あ、でもデザインをご所望のみなさん、ご利用はマジで計画的にね〜∠( ᷇࿀ ᷆ ) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です