【Apple Watch】念願のアイテムを手に入れたのに虚しい。 便利を追求した先にあるもの

ずっとずっと欲しくてたまらなかった物を買いました。Apple Watchです。ランニングとかヨガの運動記録をしたくて。いつもなら、

有頂天

「わーい!最高ぅー

テンションは最高潮に盛り上がってるはず。

でも購入から一夜、なんだかモヤモヤするのです。

「これ、本当に必要か……?

なくても生きていけるよな……」

それは購入前によく考えれば分かるだろうに(汗)

「便利だから欲しい」と思って買ったのに、フツフツと疑問が浮かぶのです。

Appleには人生を変えてもらった

Apple製品との付き合いは、かれこれ13年になります。

使用しているのはこちら。

  1. Mac Book Pro
  2. iPad Pro
  3. iPhone 6s
  4. Apple Watch(←NEW)

敬虔なApple信者ですね。

振り返れば、Appleに人生を変えてもらいました。

初めてMacBookを手にしたのは学生時代。

まだ白かったMacは分厚く、重く、持ち運びに苦労した(笑)それでも自分専用のノートパソコンを手に入れて、嬉しくて仕方なかった。

はっきり認識したわけじゃないけど「これから人生が大きく変わる」のを画面を見つめながらヒシヒシ感じた。

時が流れ、気づけばMacで仕事をしている。なんとかデザインで飯を食べることができている。

そして、iPadの登場で変化は加速した。イラストで仕事ができるようになったのだ。長年、趣味で描いていたイラストがiPadのおかげで、お代を頂けるようになった。

iPadさえあれば、出勤しなくても、海外でも、どこでもイラストの仕事ができる。そんな人生の変化にドキドキして、胸の底からじわじわ嬉しさが込み上げた。うっすら涙が滲んだような…( ˘ω˘ )

本当に、Appleには人生を変えてもらった。こんな経験をしている人は、世界中にきっと沢山いると思う。

理想のアイテムを手に入れたが、虚しい

だから、新製品が発売されると見ずにはいられない。

Apple Watchも「当然、買う物」と思っていた。

あれこれ悩んで、ようやく購入。

手元に届いた箱を開けた。でも、いつもとちょっと違う。

感動が薄いのだ。

念願のアイテムを手に入れたのに、虚しい。

あれ、なんで?

求めていた「便利さ」とは?

そもそも私がApple Watchに求めていた機能は何か?

というと、

  • iPhoneを持って走るのがダルかった
  • ランニングの記録がしたい
  • ついでに脈拍とかも知りたい

書き出してみると、しょぼさを実感する。

改めて思います。

これ、本当に必要か?

どこまで便利になったら、気が済むの?

いや、決してApple Watchが悪いわけじゃないのです。

Apple Watchを通して、自分の欲深さを垣間見たのです。

だって、便利や効率を追求した先にどんな未来が待ち受けているか。私はよくわかっていたはず。

震災やコロナの経験を経てなお、まだ「便利」がほしい。そんな自分に情けなくなったのか……。

とはいえ、Apple Watchを手放す気もありません。MacもiPadもなければ、仕事もできません。もはや生きていくための必須アイテムなのです。

しかし、これだけ多くのガジェットを持ちながらでは説得力はゼロですね…….。

ただ、あと数日もすればこんな感覚さえ忘れてしまうので、記事にしました。

Apple Watchは何も悪くありません。ランニングには素晴らしいアイテムです。

とりとめもない文章を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です