なぜ会津は感染者がゼロなのか?

こんにちは、たかぎです。

福島県の会津エリアって、コロナウィルスの感染者がいまだに0名なんだそうです。(リソースは後半にあります)

限定的なエリアではありますが、これだけコロナが広がった中で正に「快挙」ではないでしょうか。

しかし。なぜ会津は感染者が少ないのか…?

今日はこの大いなる謎に迫ります!!!٩( ‘ω’ )و

なぜ会津は感染者がゼロなのか?3つの理由

農家、研究者、イラストレーターの3人で頭をつきあわせて考えた結果、

こうなりました。

  1. そもそも陸の孤島ゆえ、「密」にならない
  2. 寒すぎて口を開けて喋らない
  3. 強くなるしかない環境

理由① そもそも陸の孤島だから「密」にならない

申し訳ないけど、会津はド田舎です。一番でかい「会津若松市」を除けば、昭和にタイムスリップしたかのような景色に遭遇します。

  • 昔ながらの古民家
  • 深い深い、森
  • 10キロ圏内にはコンビニがゼロ
  • 一番近いご近所さんまで車で5分
  • そしてクマ…….

言うなれば「陸の孤島」。

決して便利ではありません。

しかし、そんな場所でも元気に生きてる人たちがいるのです…!!(褒めてます)

当然、土地が広いので、「密」にはなりません。なり得ません。

だから2メートルのソーシャルディスタンスとか、余裕なんですよね。

理由② 寒すぎて口を開けて喋らない

会津の人は、無口です。(偏見です)

そして、会津はクソ寒いです。(これは事実です)

確か2〜3年前の冬、奥会津のとある地域ではマイナス16℃を観測しました。雪も2メートルくらいがアベレージです。

そんな極寒地ゆえ、できれば会話とかしたくないじゃないですか。

口開けると冷気に襲われるので。

そうなると、ウィルスも侵入するスキありませんよね。

理由③ 強くなるしかない環境

なんとなくお気づきでしょうが、強くないと生き残れない場所です。

通気性に優れた住宅

みなさんが住んでいる住宅は、きっと新しく、気密性も高く、清潔で、暖かい家なのでしょうね。

しかし昔ながらの家、いわゆる「古民家」は違います。

日本の家屋は基本的に「いかに夏を涼しく過ごすか?」を最上級に置いてますので。

だから、菌や虫は当然侵入してくるし、すきま風もヤバイし……

そうして自然とともに共生する住まいなんです。

こりゃ自ずと強くなる。

天然水で鍛えられた内臓

これは大きな声では言えない話ですが……。

私の知り合いは、標高500mの場所に暮らしています。となると、上下水道が引かれてなかったりします。

じゃあ、水どうすんの?

……それは、自己責任でよろしく。

と、なります(詳しい説明は省きます)

だから友人は、沢水(さわみず)で生活しています。沢水って、その辺の川の水です。ま、とてもナチュラルな水なので、いろんな人たちが暮らしてます。つまり生物多様性ですね……!

そんな生き物たっぷりの水を飲んでいると、内臓から鍛えられていくのです!!!∠( ᷇࿀ ᷆ )

A. 田舎すぎるから。

なぜ、会津は感染者がゼロなのか?

答えはとてもシンプルでした。

田舎すぎるから

です。。。

現場からは以上です。

っていう、イラストを描かせてもらいました(仕事のお知らせでした)

こちらでもっと美しい画像で見れます。

いつも魂こめて書いてるので、読めば必ずエネルギーもらえますよ٩( ‘ω’ )و

福島県有機農業ネットワーク>>>外部サイトに飛びます

【引用・参考】

農業ジャーナリストの小谷さん

生き残れる都道府県はどこか。「過密と過疎」について考えました。

この記事マジで面白すぎので、ぜひ読んでほしい……!!

自給率ランキングはこちら

農水省(都道府県別食料自給率)H29年度

会津が感染者ゼロはこちら

福島県内の新型コロナウイルス発生状況 

では、また。

ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です