「魅力がない街」といわれ気づいた。わたし地元を好きになりたい

こんにちは。たかぎです。

最近の意外な発見は

「わたしは地元を好きになりたい」

と思っている。

ということに、気づけたこと。

ずっと嫌いだったけど、今は地元の好きになりたい。本気でそう思っているんですよね。

地元好きな人には、舌打ちしていた

皆さんの周りに、「地元大好き人間」さんはいませんでしょうか?(笑)

わたしもこれまで出会ってきましたよ。

大学時代からの友人は、地元・福島に帰りたさすぎて、上京してからも毎月深夜バスで帰郷していました。

もう、謎でしかありませんでしたね……。でも彼女は地元でエネルギーチャージしていたんだと思うんですよね。

今年から通うようになった京都・大阪も、地元愛がとんでもなくて。

これは説明いらなそうだけど、とにかく「俺ら/あたしらは、京都or大阪だから」ってプライドが、凄まじい。

でも、そんな人に会うと必ず

腹の底から煮えたぎる、”何か” が ありました。

表面的には「いいですね〜」なんていいながら

わたしは内心「ケッ」と舌打ちしていた。

きっと、相手にも伝わっていたことでしょう。

地元大好きな人への羨ましさが募りすぎて、そんなクズなことしてたんですよね。

「魅力がない」といわれて、必死で魅力を探してる

ところが。

街の魅力度ランキングなるものを発見し、なんと地元・栃木はビリだったのです。

驚いたのは、地元がビリって事実よりも

ショックを受けている自分がいたこと。

「ビリ」といわれて以来、わたしは必死で街の魅力を探そうとしている。

思えば

今までやってきたことも「地元を好きになりたい」気持ちの裏返しだったのかもしれない。

福島に移住して、京都や大阪にも通って

自分の生まれた場所を、心の底から好きだと言える人たちに出会って

わたしも自分が生きてきた土地を、好きになりたい。

だから今までもがいてきたのかな…….と。

地元を好きになりたい

とはいえ、今日から好きになります!とできないんですよね。

だからあくまで、気長に地元の「良いとこ」に目を向けたい。

まずそこから。

しかし、こんなに地元について考えられるようになったこと自体、かなり進歩なのです!

きっかけをくれたのは、これまで出会った「地元大好き人間」さんたちのおかげですね。

(ちょっとまだ舌打ちしたくなるけど)

こうした地味な記事を作ることも、街とつながる一歩になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です