独身アラサー女が、ぬるま湯の実家暮らしを抜け出すまで。

甘えまくっていた頃

こんにちは、たかぎです。

今から約一年前、実家に居候しておりました。

当時、新しい生活基盤を作るのに四苦八苦してて、甘えさせてもらったんですね。

両親と暮らすのは、実に10数年ぶり。上京してからずっと別々に暮らし、30代になってから「出戻る」かたちで、1年ほど同居させてもらいました。

ぬるま湯から、出られない。

ご飯の魔力はすごいですね。
おいなりさんとか一人暮らしで作るはずもない。

当初の居候期間は1ヶ月の予定。

でも気づけば、3ヶ月、5ヶ月…と、あっという間に時が過ぎていました。

その理由はシンプルで

3万という格安の生活費

めんどうな家事からの解放 

でも、気づけば自分は独身アラサー女、職も不安定。

だから実家で暮らしている。

端的に…あかん…と感じました。

でも、居心地よすぎて抜け出せない。

でも、人間としての自尊心を失っているような……?

これって実家で暮らす多くの方が抱える、ジレンマではないでしょうか。

コロナを出汁に、実家を出る。

家にいるのが苦しくなると、近所の田んぼ道をさんぽ。
こうした景色に、自立を後押ししてもらいました。

「ちょうどいい」環境から抜け出すのって、エネルギーがいりますよね。

わたしの場合、ぬるま湯から脱出するきっかけをくれたのが、コロナでした。

世界に不安と恐怖が広がる中、

「今しかない」

と思いましたね…。

この機に乗じて、実家出るしかない!

よく言えば、波に乗る。

身勝手かもしれないけど、ああいう混沌とした時期は、多少のわがままなも許してもらえると思っています。

一歩踏み出せない時の解決策の1つですね。

そして、例のごとく200%のノリと勢いで、一件目に見たアパートに即決し、実家を出ました。

そして今、なんとか生きてます。

でも、時世が時世だったので、ひっそり一人で、軽自動車一台で引っ越しました。詳しいことはこちらをどうぞ。

引越し 一人でサクッと引越し【全記録】

結論、出てよかった〜(笑)

ご近所さんのねこにも「はよ自立せえ」と言われる。

実家を出て、そろそろ一年。

主な変化としましては、

  • 収入が増えた(不可避)
  • 出会いが増えた
  • プライドが復活

かんたんに補足しますね。

収入が増えた(不可避)

賃貸暮らしにシフトしまして、やはり生活費は増えました。(あたりまえ〜)

実家には戻りたくないから、この生活を死守せねば…!

と思ったら、働くしかないですよね。笑

だからお仕事を増やしてもらいました。これが地味にしんどかったですよ〜。

実家で本当にグータラしてたので、リハビリには時間を要しました。笑

出会いが増えた

「1 」に伴って、お仕事増える→知り合いも増えました。

ご近所さんや仕事相手、カフェの店員さんなどなど。

ずっと引きこもってたので、世界が広がると地味にうれしいですね。

プライドが復活

もしかしてこれが一番重要かも?

なんでも人にやってもらえる環境

=幸せとは限らない

この一年で、そんなことに気づかされました。

一人暮らしはとにかく面倒。お金もかかるしコスパは悪い。

でも、家事も仕事もこなしながら生きてる!って自尊心は、取り戻せたんですね。こうしてなんとか暮らせているということは、自分にとって誇りなんですよね〜。

そんなことを思いました。はい。

この経験が、少しでも皆さんの参考になったらうれしいです。

では〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です